sprites

概要

耐熱・耐薬品性に優れたポリフェニレンサルファイド(PPS)繊維
世界で、東洋紡のみが異形断面のPPS繊維を製造し、バグフィルター用途を中心に販売しています。

特徴

  • 異形断面の細繊度品をラインナップに加え、さらに高い集塵性能を実現しました。
  • プロコン®は、東洋紡が開発したPPS(ポリフェニレンサルファイド)繊維です。
  • 高温時(150~190℃)の耐薬品性に優れており、強酸化剤を除くほとんどのアルカリ、有機溶剤に耐えます。
  • 高温高圧下においても、優れた強力保持率を示します。

異形断面にすることにより、繊維比表面積は非常に大きくなります。

  • 高温時の耐薬品性

  • 高温高圧下での加水分解テスト

本資料は、作成日時点における弊社の正確で最新の情報を記載しておりますが、本資料を基にお客様各位でなされた行為の結果については、弊社は責任を負いかねることをご了承ください。それぞれの用途に関して、お客様各位ご自身で適性について判断していただくようお願い申し上げます!
本資料は予告なしに必要に応じ改訂させていただくことがあります。
保管上のご注意:製品に光があたらない状態で保管してください。

仕様・性能

タイプ別仕様

ステープル繊維 フィラメント繊維
繊度 1.3T 1.7T 2.5T 2.2T 2.2T-HT 7.8T 250T-60f 167T-10f
断面形状 異形
繊度 (dtex) 1.3 1.7 2.5 2.2 2.2 7.8 250 167
強度 (cN/dtex) 3.5 3.6 3.8 4.3 5.0 3.5 4.3 4.1
伸度 (%) 25.0 25.0 26.0 38.0 35.0 50.0 25.0 24.0
油剤付着量 (%) 0.2 0.2 0.15 0.15 0.2 0.85 0.85
カット長 (mm) 64 64 51 51 64
乾熱収縮率 (%) < 4.5 *1 < 4.5 *1 < 5.5 *2 < 6.0 *2

*1 180℃/30min

*2 160℃/30min

上記は、一般的な値で、保証値ではありません。

物性

  PROCON® 東洋紡P84 ポリエステル ナイロン(66) m-ARAMID
比重(g/cm3 1.34 1.41 1.38 1.14 1.38
融点(度)※ 285 なし 257 224 なし
難燃性(LOI) 34 38 22 22 30
公定水分率(%) 0.2 3.0 0.4 4.5 4.5
強度(cN/dtex) 4.0 3.8 4.8 5.3 4.0
伸度(%) 35 30 30 30 30
ガラス転移点(度) 90 315 70 55 270

※融点、分解点は条件によって異なります

本資料は、作成日時点における弊社の正確で最新の情報を記載しておりますが、本資料を基にお客様各位でなされた行為の結果については、弊社は責任を負いかねることをご了承ください。それぞれの用途に関して、お客様各位ご自身で適性について判断していただくようお願い申し上げます!
本資料は予告なしに必要に応じ改訂させていただくことがあります。
保管上のご注意:製品に光があたらない状態で保管してください。

用途例

  • 耐熱、耐薬品性フィルター
  • 抄紙用キャンバス
  • 断熱材
  • 絶縁材
  • OA機器部材
  • 補強繊維
  • ミシン糸
  • その他

関連データ

ろ過性能シミュレーション

流速分布シミュレーション(繊維断面)

<PPS 異形(プロコン®)>

異形断面の青い部分は、明らかに丸断面よりも多いことが分かります。

<PPS レギュラー>

*分析方法

Software:Fluent 18.0(ANSYS/USA)

2 Dimensions Isothermal Steady-state Analysis

<流速低下面積(青)/繊維断面の面積除く>

青部分の面積:0.015m/s (=0.9m/min)以下

異形断面は丸断面と比較して、約35%も流速が遅いエリアが多い事が分かります。
流速が遅い青いエリア(0.9m/min以下、繊維面積を除く)の面積を比較しました。

粒子捕集シミュレーション/ニードルフェルト

  • <PPS異形 (プロコン®)>

  • <PPS レギュラー>

  • PPS異形の捕集効率が高いことが分かります。

VDI 3926(ISO 11057)ろ過テスト結果

PPSニードルフェルトの表層に、1.3dtex異形PPSを積層し、VDIろ過テストを実施しました。

  • <ダスト吹き漏れ量 (VDI)>

  • <サイクルタイム (VDI>

異形断面のPPS繊維を用いることにより、ダスト吹き漏れ量は大幅に改善されるデーターが得られました。
また、サイクルタイムも大きくなり、異形PPS繊維による低圧損が期待でいます。

使用済みバグの焼却処分

使用済みバグは、自家炉での焼却が可能

使用済みバグは、簡単に自家炉で焼却処分することができます。
プロコン®(PPS繊維)と東洋紡P84(ポリイミド繊維)の燃焼ガスは、窒素酸化物や硫黄酸化物が主成分です。そのため、通常のごみと一緒に焼却することが可能です。

試料 燃焼ガス量(mg/g) 熱しゃく残渣
(%)
CO CO2 NH3 NOx SOx HF HCI HCN H2S
ガラス二重織 <30 111 0.03 0.02 0.07 12.74 0.07 <0.1 <0.01 94.5
PTFE <30 997 <0.02 <0.01 0.04 540.1 (※1) (※1) <0.01 (※3)
ポリイミド <30 2428 <0.02 0.05 0.03 <0.01 <0.1 <0.1 <0.01 42.1
PPS 109 2433 <0.02 <0.01 7.04 <0.01 0.73 (※2) 0.49 36.3
  • 燃焼ガス試験
    • JIS K 7217 プラスティック燃焼ガスの分析方法による。設定温度750℃。
  • 熱しゃく残渣
    • ごみ処理構造指針解説(全国都市清掃会議)による。600℃3時間強熱。
試料 毒性指数換算 毒性指数
CO CO2 NH3 NOx SOx HF HCI HCN H2S
ガラス二重織 <0.01 0.07 <0.01 <0.01 <0.01 12.74 <0.01 <0.01 <0.02 12.81
PTFE <0.01 0.6 <0.01 <0.01 <0.01 540.1 (※1) (※1) <0.01 540.7
ポリイミド <0.01 1.47 <0.01 0.01 <0.01 <0.01 <0.01 0.03 <0.01 1.51
PPS 1.82 1.47 <0.01 <0.01 0.09 <0.01 0.02 (※2) 0.04 3.44
  • 毒性指数
    • T=Ce/Cf 毒性指数=1の試料を密閉された空間で燃焼すると、10分程度で1人死亡するだけの有毒ガスが発生することを意味する。
    • Ce:試料1g当たりのガス発生量(mg/g)
    • Cf:5~10分吸入で死に至るガス濃度(mg/10L)
    • ※1 高濃度のHFの影響により測定不能
    • ※2 H2S共存のため測定不能
    • ※3 多量の揮発性ガス発生により試料が飛散し測定不能

本資料は、作成日時点における弊社の正確で最新の情報を記載しておりますが、本資料を基にお客様各位でなされた行為の結果については、弊社は責任を負いかねることをご了承ください。それぞれの用途に関して、お客様各位ご自身で適性について判断していただくようお願い申し上げます!
本資料は予告なしに必要に応じ改訂させていただくことがあります。
保管上のご注意:製品に光があたらない状態で保管してください。