sprites

概要

ネムノキ樹皮から抽出した
ボタニカルエキス GenemClock®

  • 絹糸のような美しい雄しべを付け、英名で『シルクツリー』と呼ばれるネムノキ。

    朝になると葉を開き、夜になると閉じる就眠運動を行うため、「眠の木」がその名の由来と言われています。明確な「体内時計」を持ち、その樹皮は昔から、体内リズムの乱れが一因でもある不眠症の患者に対して処方される代表的な生薬として使われています。

特徴

着眼点は、皮膚の「体内時計」でした。

ストレスの多い現代社会。体内時計の乱れにより、肌の健康を維持している抗酸化システムやバリア機能、修復機能が低下し、シミ、黄ぐすみ、赤みなどの原因となります。

時計遺伝子が、肌の不調改善のカギ。

肌にも体内時計が存在し、昼には「保護」、夜には「修復」できるよう、時計遺伝子が様々な肌関連遺伝子発現のタイミングをコントロールしています。時計遺伝子に働きかけることで、健やかな肌に導くことはできないか、と私たちは考えました。

時計遺伝子リズムの正常化

表皮角化細胞に酸化ストレスを与えると、時計遺伝子bmalの発現リズムに異常が生じます。
GenemClock®添加により、bmalリズムの異常を正常化できることが分かりました。

GenemClock®の効果

シミ低減効果 / 茶色のシミ低減効果

GenemClock®塗布により、8週間の連用でシミ低減効果が示唆されました。

  • 試験サンプル

GenemClock® 2%配合化粧水を朝晩2回洗顔後に塗布

  • 被験者数

30代健康な男女(平均年齢33.6歳) 3名

  • 使用方法

1日2回試験試料を半顔に塗布。

  • 試験期間

2018年9月28日~11月22日(8週間)

日焼けへの効果

  • UV照射した肌にGenemClock®を塗布すると、一部試験者に皮膚の赤みへの抑制効果が確認されました。

  • 試験サンプル

1%GenemClock®含有化粧水

  • 被験者数

20-30代健康な男女(平均年齢33.8歳) 12名

  • 使用方法

1日2回試験試料を上腕内側に塗布

  • 試験期間

2019年5月29日~6月6日(9日間)

  無塗布部位 GenemClock®
照射1日後の紅斑程度指標
(Δa*値変化量)
4.90 4.03

Δa*値変化量 = a*値(照射1日後)- a*値(照射前)

Δa*値変化量 = a*値(照射1日後)- a*値(照射前)

カルボニル化抑制

  • 最終糖化産物(AGEs)は、加齢によって起きる肌の黄くすみの原因です。BSA(タンパク質)とグルコース混合溶液を45℃で10日間保管すると糖化の指標であるカルボニル基が産生されますが、GenemClock®により抑制効果がみられました。

    サンプル カルボニル基濃度
    (µmol/L)
    Mean S.D
    30%BG 5.35 ±0.08
    GenemClock® 4.89 ±0.03

    注)文献からの引用を除き、本資料データは当社機関または外部委託機関で測定して得られた代表的な測定結果です。

仕様・性能

ジェネムクロック®

  • 製品概要
品名 ジェネムクロック®
GenemClock®
保証期間 室温で未開封1年
出荷単位 1kg
添加物 防腐剤、着色剤、酸化防止剤は不使用
  • 成分詳細
化粧品成分表示名称 ネムノキ樹皮エキス BG
INCI 名 Albizia Julibrissin Bark Extract Butylene Glycol Water
中文名称 合欢(Albizia Julibrissin)树皮提取物 丁二醇
CAS No. 107-88-0 7732-18-5
  • 製品規格
形状・性状 液体、淡黄色~茶褐色
におい わずかに特異なにおい
確認試験(ポリフェノール類) 適合
固形分含量 ≧ 0.9%
重金属 ≦ 20ppm
ヒ素 ≦ 2 ppm
一般生菌数 ≦ 100CFU/g
真菌数 ≦ 100CFU/g
大腸菌群数 陰性
  • CONTACT
    お問い合わせ

  • 各種製品に関するご質問・ご相談はこちらよりお問い合わせください。

    WEBでのお問い合わせ