TOYOBO Ideas & Chemistry 診断システム事業部

注意事項

必ずお読みください

本ページ以降の情報は、臨床検査関係者に対する情報提供を目的としたものです。一般の方が理解できるように配慮されたものではないことをご了解ください。掲載の情報は弊社販売臨床検査薬等、分析機器の適正使用推進に役立つものが中心です。
(広告、プロモーションを目的とするものではありません。)

※「戻る」ボタンをクリックするとトップページに戻ります。

糖尿病の早期診断および病態管理に特化

特長・装置概要

  • 同時測定
    一度の採血でHbA1cと血糖の測定が行えます。HbA1cと血糖の同時測定で、糖尿病の診断が可能です。
  • 省スペース
    設置しやすいコンパクトサイズ (幅 200mm × 奥行 198mm × 高さ 139mm)
  • 簡単操作
    HbA1cは5分、血糖は3秒で測定できます。 ▶HbA1c
    試薬パックの採取部で血液を採取し、そのまま機器にセットして反応槽カバーを閉じると測定が開始されます。測定時間は5分です。
    ▶血糖
    測定電極の採取部に血液をそっと触れさせると測定が開始されます。測定時間は3秒です。

機器外観

オプション品

  • チェッカート®リーダー用プリンタ

  • 販売名 チェッカート®リーダー用
    プリンタ(オプション品)
    包装・容量 1箱・1式
    商品コード QOPRN-001

操作方法

HbA1c 操作方法 (指頭穿刺血の場合)

  • STEP1

    装着図

    チェッカート®リーダーの反応槽カバーを開き、チェッカート®リーダーHbA1cの反応カートリッジを反応槽に装着します。

  • STEP2

    混和図

    血液を採取する前に、試薬パックを泡立てないように注意し、穏やかに5~6回振って混和します。

  • STEP3

    採取部図

    採取部を血液に触れさせ、採取部内が血液で完全に満たされたことを確認します。(4μLの血液が必要)

  • STEP4

    挿入図

    反応槽に装着した反応カートリッジに血液を採取した試薬パックを挿入します。

  • STEP5

    開始図

    反応槽カバーを閉じると、測定が自動的に開始されます。

  • STEP6

    測定結果図

    液晶画面にカウントダウンが表示され、測定が終了すると、測定結果がNGSP値で液晶画面に表示されます。

血糖 操作方法 (指頭穿刺血)

  • STEP1

    挿入図

    チェッカート®リーダーの血糖測定モジュールにチェッカート®Gluの測定電極を挿入します。

  • STEP2

    採取図

    挿入した測定電極を血液に触れさせて、採取します。(0.3μLの血液が必要)

  • STEP3

    測定結果図

    測定が終了すると、血中グルコース濃度の測定結果が表示されます。

装置仕様

商品コード QOMCK-001
測定範囲 HbA1c:4~14% (NGSP値)
グルコース:10~600mg/dL
測定時間 HbA1c:5分
グルコース:3秒
メモリ容量 測定結果 各200件
分析装置本体
寸法及び質量
電気的定格
寸法:幅 200mm × 奥行 198mm × 高さ 139mm
質量:1.4㎏ (ACアダプタを除く)
電源電圧:AC100V 50/60Hz
ACアダプタ出力:DC9V 2A
血糖測定モジュール
寸法及び質量
電気的定格
寸法:幅 35mm × 長さ 66mm × 高さ 17mm
質量:24g
電源電圧:DC5V 5mA (本体から供給)

関連商品情報

商品名 チェッカート® HbA1c チェッカート® Glu
商品コード QORHA-101 QORGL-101
包装 10回分 50回分
貯蔵方法 2~30℃ 2~30℃
有効期限 18カ月間 24カ月間