TOYOBO Ideas & Chemistry 診断システム事業部

注意事項

必ずお読みください

本ページ以降の情報は、臨床検査関係者に対する情報提供を目的としたものです。一般の方が理解できるように配慮されたものではないことをご了解ください。掲載の情報は弊社販売臨床検査薬等、分析機器の適正使用推進に役立つものが中心です。
(広告、プロモーションを目的とするものではありません。)

※「戻る」ボタンをクリックするとトップページに戻ります。

3時間で大腸菌O157のタイピングが行えます!

特長

「IS-printing system」は腸管出血性大腸菌O157のゲノム中に分布する32箇所のIS(Insertion Sequence)を、マルチプレックスPCRで検出することにより、タイピングを行うキットです。(Insertion Sequence: 大腸菌ゲノムの内部を移動する配列)

従来行われていたパルスフィールド電気泳動によるタイピングとほぼ同等の感度で、約3時間と大幅に短い時間でタイピングを行うことができます。

解析データのイメージ

  • 解析データのイメージ01
  • 解析データのイメージ02

商品コード・包装内容

商品コード QCIS-001
包装 1セット
  • ※ 本商品は受注生産品です。納品にお時間をいただくことがございますが、ご了承ください。

マルチプレックスPCRによるIS分布検出の原理

  • 大腸菌O157菌株01
  • 大腸菌O157菌株02

ISは大腸菌ゲノムの中を移動する配列で、系統ごとに挿入されている位置が異なります。
上図の例では、菌株①ではA~HのローカスにISが挿入されているのに対し、菌株②ではC,E,GのISが消失あるいは検出不能のローカスに移動しています。各ローカスのISが判別できるように長さの違うプライマーでマルチプレックスPCRを行うと、菌株①は下図レーン①、菌株②からは下図レーン②のようなバンドパターンが得られます。バンドパターンの違いにより、系統を判別します。

マルチプレックスPCR

備考

本品は研究用試薬です。