1870
1870

1879年(明治12年)
山辺丈夫、渋沢栄一に出会う
詳細を見る
1880

1882年(明治15年)
東洋紡の基盤の一つである大阪紡が創立される
詳細を見る
1885
1886(明治19年)
三重紡 創立
1890
1895
1900
1905
1910

1914(大正3年)
三重紡と大阪紡が合併し、東洋紡が誕生
詳細を見る
1915
1920
1925
1927(昭和2年)
レーヨンの生産を開始
1930

1931(昭和6年)
大阪合同紡と合併。世界で最大規模をもつ紡績企業に躍進
1931(昭和6年)
堅田工場内に化学研究所を設立
1935
1940
1945

1948(昭和23年)
東洋紡犬山工場でパルプ廃液処理の研究を開始
詳細を見る
1950
1951(昭和26年)
東洋紡ニューヨーク事務所を設立、海外進出の強化を図る
1955

1955(昭和30年)
戦後日本の海外進出の先駆け、「東洋紡ブラジル」を設立
詳細を見る

1956(昭和31年)
合繊事業への進出
詳細を見る
1958(昭和33年)
アクリル繊維の生産を開始
1960

1963(昭和38年)
フイルム事業へ進出
1963(昭和38年)
スパンデックス繊維「エスパ®」を開発
ポリプロピレンフィルム「パイレン®」を開発
1965

1966(昭和41年)
呉羽紡と合併、国内最大規模の紡績会社となる
詳細を見る
1966(昭和41年)
東洋紡溶融紡糸理論を確立
1970

1970(昭和45年)
プラスチック事業に進出
詳細を見る

1972(昭和47年)
バイオ事業に進出
詳細を見る
1972(昭和47年)
難燃ポリエステル繊維「ハイム®」を開発
酵素法による尿酸測定検査薬「ウリカラー®400」開発

1973(昭和48年)
活性炭素繊維「Kフィルター®」を開発
1975
1976(昭和51年)
ポリエステルスパンボンドの生産を開始
1976(昭和51年)
ポリエステルエラストマー「ペルプレン®」を開発
1976(昭和51年)
スパンボンド技術を開発
1976(昭和51年)
高槻研究所を堅田研究所に統合し、総合研究所として発足
1977(昭和52年)
水現像感光性樹脂凸版材「プリンタイト®」を開発

1978(昭和53年)
機能膜事業へ進出

1979(昭和54年)
世界で初めて一段法海水淡水化モジュールを開発
詳細を見る
1980
1981(昭和56年)
人工腎臓用中空糸膜を開発

1982(昭和57年)
創立百周年を迎える
詳細を見る
1982(昭和57年)
東洋紡百周年記念バイオテクノロジー研究財団を設立
1982(昭和57年)
遺伝子工学用酵素の研究開発を開始
1982(昭和57年)
「衣服内気候®」による衣服設計技術開発
1982(昭和57年)
ライフサイエンス試薬(制限酵素)を開発
1983(昭和58年)
電子材料の開発を本格化
1985
1985(昭和60年)
総合研究所に新研究棟を建設、研究開発体制を充実
1987(昭和62年)
新しい手触りのポリエステル繊維「ジーナ®」を開発
1988(昭和63年)
超高強力ポリエチレン繊維「ダイニーマ®」を開発
1988(昭和63年)
高機能繊維「プロコン®」を開発
1989(平成元年)
発汗マネキン「TOM®-Ⅲ」を開発
1989(平成元年)
サウジアラビアで「ホロセップ®」による世界最大の海水淡水化プラント操業開始
1990

1990(平成2年)
大津医薬工場 竣工
1990(平成2年)
血糖センサー用酵素を開発
1991(平成3年)
スーパー繊維事業に進出

1991(平成3年)
「ダイニーマ®」の本格生産を開始
1991(平成3年)
PET合成紙「クリスパー®」開発
1991(平成3年)
t-PA製剤「プラスミナー」(当社医薬製品第1号)を開発
1992(平成4年)
敦賀バイオ研究所を新設
1992(平成4年)
「Kフィルター®」溶剤吸着処理装置が、東洋紡エコマーク認定第1号商品となる
1993(平成5年)
熱収縮フィルム「スペースクリーン®」開発
1993(平成5年)
エアバッグ用ノンコート布を開発
1993(平成5年)
形状記憶シャツ「東洋紡ミラクルケア」を開発
1995
1995(平成7年)
アクリレート系吸湿発熱繊維「エクス®」を開発

1996(平成8年)
ゴム弾性の素材をスプリング構造にしたクッション材「ブレスエアー®」を開発
1997(平成9年)
中国での繊維製品の生産管理・販売を目的に、上海特維碧貿易有限公司を設立
1998(平成10年)
「エコールクラブ®」再生ポリエステル長繊維、衣料用途で発売開始
1998(平成10年)
PBO繊維「ザイロン®」の本格生産を開始
1998(平成10年)
透明バリアフィルム「エコシアール®」を開発
1999(平成11年)
東洋紡「エコパートナーシステム®」の展開について発表
2000

2000(平成12年)
逆浸透膜モジュール「ホロセップ®」が、福岡県の国内最大規模の海水淡水化施設に採用

2002(平成14年)
連結売上で非繊維事業が、繊維事業を上回る
詳細を見る
2002(平成14年)
水現像可能な感光性フレキソCTP版を開発
2002(平成14年)
新型発汗マネキン「SAM®」を開発
2002(平成14年)
世界初のアルミニウム系(非アンチモン系・非チタン系)ポリエステル重合触媒「TOYOBO GS Catalyst®」を開発
2005
2005(平成17年)
中国・上海市に中国繊維事務所を開設

2006(平成18年)
和歌山県「企業の森」事業に参画(「東洋紡みらいの森」)
2006(平成18年)
「心理・生理計測技術」を活用した繊維製品群「メンタルヘルス」を開発
2006(平成18年)
遺伝子組み換えエリスロポエチン原薬製造の受託を開始
2008(平成20年)
ドイツ・デュッセルドルフにヨーロッパ事務所を開設

2008(平成20年)
「東洋紡スペシャルティズトレーディング(現・東洋紡STC)」を設立
詳細を見る
2008(平成20年)
「東洋紡グループCSR憲章」を制定
2008(平成20年)
上海特維碧貿易有限公司と旧新興産業上海事務所を合併し、東洋紡高機能製品貿易(上海)有限公司を設立
2008(平成20年)
溶融紡糸式高強力ポリエチレン繊維「ツヌーガ®」を開発
2008(平成20年)
上水用膜モジュールを開発
2008(平成20年)
ワインろ過膜を開発
2008(平成20年)
小型自動臨床検査装置「POCube®」を開発
2008(平成20年)
全自動遺伝子解析装置「GENECUBE®」を開発
2009(平成21年)
世界最高レベルの強度、剛性、耐衝撃性を持つガラス繊維強化ナイロン樹脂を開発
2010

2010(平成22年)
東洋化成工業(株)と合併、スペシャルティ事業を拡大
詳細を見る

2010(平成22年)
サウジアラビアで初となる海水淡水化用逆浸透膜エレメントの製造・販売会社を設立
2010(平成22年)
バイオ医薬の受託事業を再編。「東洋紡バイオロジックス」と「東洋紡ジーンアナリシス」を合併

2010(平成22年)
天然由来化粧品素材「サーフメロウ®」、「アミノピジェール®」「ファイトポリアミン®」を開発
2010(平成22年)
太陽電池バックシート用フィルム「シャインビーム®」を開発
2010(平成22年)
コート剤を分離せずにリサイクル可能なエアバッグ用コート布を開発
2010(平成22年)
バイオマス原料を使用した新規ポリアミド樹脂「バイロアミド®」を開発
2011
2011(平成23年)
中国にエアバッグ用基布の製造・販売会社を設立
2011(平成23年)
海外での販売活動強化を目的に、ヨーロッパ事務所および中国事務所を現地法人化
2011(平成23年)
高い光線透過率と拡散性を両立したLED用拡散フィルムを開発
2011(平成23年)
植物由来原料を使用したPET製品群の販売を開始
2012
2012(平成24年)
創立百三十周年を迎える

2012(平成24年)
新企業スローガン
Ideas & Chemistry」を制定
2012(平成24年)
海外の主要地域ごとに統括部門を設置、グローバル化推進組織を新設
2012(平成24年)
「東洋紡株式会社」に商号を変更
2012(平成24年)
安全性の高いポリ塩化ビニル製の医療用血液回路チューブ「セックワン®」を開発
2012(平成24年)
ポリアミンを含有する大豆胚芽由来の化粧品原料を世界で初めて開発
2012(平成24年)
損傷した神経を再生する新しい治療用医療機器「神経再生誘導チューブ」を開発
2012(平成24年)
独自の「触感計測技術」を応用した自動車シート用合成皮革「ブレスレザー®」を開発
2013
2013(平成25年)
スペインの診断薬・診断機器のグローバル製造販売会社スピンリアクト社を買収
2013(平成25年)
欧州でクッション材「ブレスエアー®」を生産開始
2013(平成25年)
「東洋紡スペシャルティズトレーディング」が「東洋紡STC」に商号を変更
2013(平成25年)
タイ王国で共重合ポリエステル樹脂「バイロン®」の生産設備が本格稼動
2013(平成25年)
複屈折による着色(虹むら)を解消した超複屈折ポリエステルフィルム「コスモシャイン®SRF」を開発
2014
2014(平成26年)
世界2位のエアバッグ用原糸メーカー、PHP Fibers GmbHをタイのインドラマ社と共同で買収
2014(平成26年)
サウジアラビアの海水淡水化用逆浸透膜の生産設備を増設
2014(平成26年)
メキシコに中米拠点となる新会社「TOYOBO MEXICO, S.A.DE C.V.」を設立
2014(平成26年)
DIC株式会社と無延伸フィルム生産子会社の合併を行い「キャストフィルムジャパン株式会社」を設立
2015
2015(平成27年)
敦賀事業所に酵素精製新棟を建設、精製能力を50%増強
2015(平成27年)
抱きしめたい!ぎゅっとコミュニケーション「ハグビー®」を販売開始
2015(平成27年)
次世代の骨再建材料として製品化をめざす「骨再生誘導材」の治験を開始
2015(平成27年)
機能性素材「COCOMI(心美)™」と心理・生理計測技術で、生体情報計測ウエア市場に参入
2020