1979年 昭和54年


中空糸型逆浸透膜エレメント

世界で初めて一段法海水淡水化モジュールを開発

東洋紡は、中空糸膜による逆浸透の原理を利用した、海水淡水化装置の心臓部となるモジュール「ホロセップ®」を開発しました。「ホロセップ®」は耐塩素性に優れており、微生物汚染を生じさせません。逆浸透膜にとって過酷な条件である高温・高塩濃度海水の中東湾岸諸国で高品質の飲料水を製造し、高い評価を得ています。一方、国内でも、日本最大規模の海水淡水化施設に導入されています。

閉じる