このページを印刷

CSRトピックス

(「東洋紡グループCSR報告書2011」より)

天然由来の原料で肌にも環境にもやさしい化粧品へ

毎日なにげなく使う化粧品。その原料として天然系の素材が注目されています。
東洋紡では微生物培養技術や精製技術を活用し、天然由来の保湿剤などを開発。
「肌はもちろん、環境にも良いもの」を実現すべく、開発に取り組んでいます。

肌細胞活性化とコラーゲン増加効果が期待される「ファイトポリアミン®」

肌細胞活性化とコラーゲン増加効果が期待される「ファイトポリアミン®」

ポリアミンは動植物や微生物などすべての生物に存在し、細胞分裂や蛋白合成などの活動に関与しています。例えば、植物では、低温、乾燥、高塩、活性酸素などに対するストレスを抑制する作用や、花の寿命を延ばす効果が確認されています。人の体内のポリアミンは、老化とともに減少することから、アンチエイジング物質として注目されています。

「ファイトポリアミン®」は、小麦胚芽を原料に、特殊な抽出処理によりポリアミン含量を高めた植物抽出物です。モデル実験で細胞を元気にする作用と、コラーゲンを増やす作用があることが確認されており、スキンケア商品などへ採用され始めています。

オリーブ油からできた保湿剤「サーフメロウ®」

オリーブ油からできた保湿剤「サーフメロウ®」

「サーフメロウ®」は、オリーブ油を原料に筑波山の花から見つかった植物酵母を利用して発酵生産した親油性の保湿剤です。天然セラミド様の保湿性を持ちながら、天然セラミドよりも優れた界面特性を有し、化粧品に配合しやすいという特長を備えています。

2010年8月、東洋紡は「サーフメロウ®」を使用したファンデーション用粉体を大東化成工業株式会社と共同で開発しました。今後はスキンケア商品やメイクアップ商品などの原料として展開していきます。

塩分にも強い保湿剤「アミノピジェール®」

塩分にも強い保湿剤「アミノピジェール®」

エジプトの塩水湖沿岸の塩濃度の高い土壌に住む微生物は、自分の身を乾燥や塩分から守るために、L体のみから成るポリグルタミン酸の天然ポリマーを産生しています。この天然ポリマーは従来のポリグルタミン酸とは異なり、塩分の影響を受けにくいのが特徴です。

「アミノピジェール®」は、その微生物の発酵で生産される親水性の保湿剤です。汗など肌の塩分の影響を受けにくく、保湿剤として優れた機能を発揮します。すでに、スキンケア商品などに採用され市場に出ています。

特集:素材を「変える」

  • 生命の源である水を、世界の人々が安心して使えるようにするために
  • 「樹脂の原料を変える」多彩な植物由来素材を実用化
  • 貴重なレアメタルを原料に使わない環境にやさしい触媒で、ポリエステルを生産

ページの先頭へ

CSR活動

  • トップメッセージ
  • CSRトピックス
    • 過去のトピックス
  • CSR憲章
  • 活動方針
  • CSR調達ガイドライン
    • グリーン調達ガイドライン
  • 人材育成・活用
  • 環境問題への取り組み
    • 実績
    • 具体例
    • 環境保全データ
    • エコパートナーシステム
  • CSR報告書
    • 過去のCSR報告書
  • 公益財団法人 東洋紡バイオテクノロジー研究財団
  • [TOYOBO STORY]東洋紡の130年の軌跡
  • [映像・広告ギャラリー]企業PR映像、CMや新聞広告を掲載しています
  • [東洋紡早わかりQ&A]東洋紡のことが早わかり!あなたの知らないTOYOBOを発見しよう。
  • [ここにも東洋紡製品]あなたのそばにも東洋紡