このページを印刷

幅広い活性酸素種消去能を有するカカロールをアンチエージング素材として開発へ

2008年8月8日

PDFをダウンロード (201KB)

当社は、日本女子大学新藤一敏准教授の研究グループとの共同研究により、モミジガサ(別名:しどけ)という山菜に含まれる物質 「カカロール」が幅広い活性酸素種に対して消去能を有することを見出しました。今後、当社では化粧品や食品用途のアンチエージング素材として研究開発を進 めます。

 

モミジガサ
モミジガサ

1.カカロールの特長
カカロールという物質は、モミジガサをはじめとしたキク科コウモリソウ(Cacalia)属に含まれていることは以前より知られていました。モミジガサは東北地方でよく知られた山菜です。
日本女子大学新藤一敏准教授は、脂質過酸化抑制作用において、カカロールがビタミンEおよびカテキンの100~1000倍の能力を有することをこれま でに見出していました。また、最近話題になっているアスタキサンチンという抗酸化物質は一重項酸素*に消去能を有していることが知られています。
今回、当社は新藤一敏准教授との共同研究より、カカロールがビタミンE、アスタキサンチンなどと比較し、DPPHラジカル**、過酸化水素、スーパーオキシド等複数の活性酸素種・ラジカルに対して幅広い消去能を有し、優れた抗酸化能を示すことを見出しました。

*一重項酸素・・・活性酸素の一種
**DPPHラジカル・・・1,1-ジフェニル-2-ピクリルヒドラジルラジカルの略称。比較的安定なため、消去能測定に良く用いられる
活性酸素種・ラジカル50%を抑制・消去する濃度比較(単位:µM)
(値が小さいほど抑制・消去能が高いことを示す)
活性酸素種・ラジカル50%を抑制・消去する濃度比較
a:活性酸素種・ラジカル20%を消去する濃度(単位:µM)
2.カカロールを使用するメリット
カカロールは単独で、複数の活性酸素種・ラジカルに対して幅広い消去能を有しますので、複数の抗酸化物質を組み合わせて使用する必要が無く、製剤化も 容易になり、コストメリットもあると考えられます。
3.今後の展開について
当社は、付加価値の高いファインケミカル素材であるカカロールを、有望な素材の一つとして位置づけています。今後、複数の活性酸素種消去能を有するユ ニークな抗酸化物質・アンチエージング素材として化粧品や食品用途での開発を行っていきます。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年