このページを印刷

日本政策投資銀行から最高ランクの環境格付を取得

2008年9月30日

PDFをダウンロード (134KB)

当社は、2008年9月に日本政策投資銀行から「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」と認められ、最高ランクの環境格付を取得しました。

 

1. 環境格付とは
環境格付とは、日本政策投資銀行が推進する環境配慮型経営促進事業の一環で、同銀行が開発したス クリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて3段階の適用金利を設定するものです。この制度 は世界で初めて環境格付の専門手法を導入した融資制度です。
2. 最高ランクに格付された理由
当社は、フィルム・機能樹脂、産業マテリアル、ライフサイエンス事業など、さまざまな事業を通じて積極的に地球環境保全、社会活動に貢献するように努めています。
今回の評価では、
製品のライフサイクル全体の環境負荷低減を評価する「エコプロダクツ・チェックシート」や、環境の視点で研究開発をチェックする「エコレビュー」を活用し、事業活動を通じたCSR活動に注力していること
エネルギー原単位を年1.5%改善するという意欲的な省エネ目標や、物流部門でのCO削減努力
海水淡水化膜を通じた世界の水資源問題への貢献
が高く評価されました。
その結果、当社は「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年