このページを印刷

当社の天然系保湿剤が化粧品原料としてファンデーションに新規参入

2010年7月28日

PDFをダウンロード (313KB)

このたび、当社は大東化成工業株式会社(大阪市、社長:脇 祥哲 以下「大東化成」)と共同で、当社の天然系保湿剤「サーフメロウ®」を使用したファンデーション用粉体を開発しました。
2010年8月から、大東化成より国内化粧品メーカー向けにサンプル提供を開始いたします。

天然系保湿剤「サーフメロウ®」を使用したファンデーションのイメージ
*写真はイメージです

1.開発の背景

当社は2006年にオリーブ油と酵母を利用した天然系保湿剤「サーフメロウ®」を開発し、化粧品原料への展開を目指してきました。このたび、「サーフメロウ®」を使用したファンデーション用粉体を大東化成と共同開発しました。
今回の開発では、当社の「サーフメロウ®」が天然系素材であるということに大きな特長があります。欧州の化粧品市場では、化粧品原料に使う素材で合 成系に替わりうる、天然系素材を積極的に使用する傾向が強くなっています。合成系素材は下水処理でも処理しきれずに、河川の環境に影響を及ぼすことが懸念 されています。数年後は日本国内でもこの傾向が強くなると予想されます。
ファンデーション用粉体の開発に取り組む大東化成としても、こうした欧州市場のニーズに対応すべく、天然系素材を使用した製品のラインナップを拡充したいという要望から今回の開発に至りました。

2.ファンデーション用粉体について

ファンデーション用粉体は酸化チタンや酸化鉄などの金属酸化物が主原料です。耐水性を持たせるために、これらの金属酸化物の粒子を親油基のある素材 でコーティングしています。従来は、コーティング剤として主に合成系素材が使われていましたが、本開発品では天然系素材として「サーフメロウ®」が使用さ れています。
ファンデーション用粉体は化粧品メーカー向けに販売され、そこで香料などを加えて、最終製品として販売されます。

【本開発品の特長】

本開発品の特長
① 環境にやさしい

天然系素材である「サーフメロウ®」を使用しているため、環境にやさしく、今後の化粧品市場に適したファンデーション用粉体です。

② 保湿性

「サーフメロウ®」を使用した金属酸化物の粒子にはファンデーションに必要な親油性とともに、親水性を有しており、保湿性の高いファンデーションを実現できます。

3.天然系保湿剤「サーフメロウ®」の特長

今回、この粉体に使用されている当社の天然系保湿剤「サーフメロウ®」は、オリーブ油と酵母を利用して作った天然系素材です。独立行政法人 産業技術総合研究所と共同で開発し、化粧品市場への展開を目指してきました。
特長として、天然系素材であるため、体や環境にやさしいことに加え、化粧品原料に有用とされる天然セラミドと同等の保湿性を有しています。また、天然セラミドよりも安価ということも特長の一つです。
製品イメージ
*写真はイメージです

4.今後の予定

2010年8月から、大東化成より国内化粧品メーカー向けにサンプル提供を開始いたします。天然系素材という特長を生かし、国内はもちろん、欧州をはじめとする海外市場への展開を加速させます。
また、「サーフメロウ®」では、ファンデーションはもちろん、乳液やスキンケア商品などの化粧品原料へ事業展開し、数年後に5億円の売上を目指します。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

<粉体サンプルに関するお問合せ先>
大東化成工業株式会社
営業部 谷口 TEL 06-6922-1632

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年