このページを印刷

「AQUEASE™(アクイーズ™)」 シャワー対応ウォッシャブルウール混生地を開発

2010年6月10日

PDFをダウンロード (144KB)

(東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社)

東洋紡グループでは、独自の複合紡績技術と特殊加工の組み合わせにより、新たにシャワー対応ウォッシャブルウール混生地「AQUEASE™」を開発しました。
今後、スクールユニフォーム及びオフィスユニフォームの市場に向けて、販売を開始します。

1.背景および経緯

ウールを素材とする衣料品では、ケアの手間、費用、環境負荷の問題から、家庭洗濯(手洗いや洗濯機)が可能なイージーケア商品が増加してきました。 ウール混ユニフォームにおいても、同様の傾向が進行していますが、ユニフォームは一般のウールを素材とする衣料に比べて使用頻度が高く、洗濯回数も多いた め、より高い耐久性とウォッシュ&ウェア性(※)が求められます。
今回こうしたニーズに応える、シャワー対応ウォッシャブルウール混生地「AQUEASE™」を開発しました。

2.生地の特長

当グループが開発した「AQUEASE™」生地は、「マナード®」の複合紡績技術を使用して耐久性とウォッシュ&ウェア 性(※)を高めるとともに、特殊な加工により、「汚れがつきにくく落としやすい」という機能をプラスしました。これらの機能によって、 「AQUEASE™」はシャワー洗浄をはじめ、さまざまな洗濯方法を可能にしました。

<シャワー洗浄ならば>

・夜に洗って翌朝には着用可能です。※製品仕様による
・アイロン掛けの手間が大幅に軽減できます。
・洗剤の使用量を軽減し、環境にもおサイフにもやさしい生地です。
・シャワー洗浄は衣類のシワ、よれを軽減できます。
・気になる臭いもシャワー洗浄で軽減できます。

<他の洗い方は>

・シャワー洗浄だけでなく、ドライクリーニング、手洗いなど通常の洗い方も可能です。

※ウォッシュ&ウェア性:洗濯後の形状変化が少ないこと

3.今後の展開

スクールユニフォーム分野では明石被服興業(株)、レディスオフィスユニフォーム分野では(株)ヤギコーポレーションとそれぞれ共同開発を行い、2社より順次製品販売を開始します。
当グループは、今後もこの開発を皮切りに幅広い素材開発を行う予定です。

4.販売予定

2010年度に「AQUEASE™」生地販売として、スクールユニフォーム分野で30,000m、レディスオフィスユニフォーム分野で25,000mを目標に事業展開を図っていきます。
さらに2年後の2012年には、ユニフォーム分野全体で300,000mの生地販売を目指します。

<ご参考>

■明石被服興業株式会社
・設立: 1944年11月
・代表取締役社長: 河合 秀文
・本社所在地: 岡山県倉敷市児島田の口1丁目3-44
・代表電話番号: 086-477-7701
・業務内容: スクール・オフィス・ファクトリーのユニフォーム スクールスポーツウェア・カジュアルウエアなどの企画・製造・販売
■株式会社ヤギコーポレーション
・設立: 1967年1月
・代表取締役社長: 八木 圭一朗
・本社所在地: 石川県金沢市問屋町2-80
・代表電話番号: 076-237-1122
・業務内容: 各種ユニフォームの企画・製造・販売

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 東京広報室
TEL 03-6422-4827

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年