• ホーム
  • ニュースリリース
  • 第58回SURE SPORTS®展 2013年 SPRING&SUMMER 「ALWAYS」

このページを印刷

第58回SURE SPORTS®展 2013年 SPRING&SUMMER 「ALWAYS」

2011年12月5日

PDFをダウンロード (162KB)

(東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社)

東洋紡スペシャルティズトレーディング株式会社(以下、東洋紡STC)のスポーツウエア素材を取り扱うスポーツアパレル事業部、インナー事業部は、2013年春夏向け展示商談会「SURE SPORTS®展」を開催します。
今回のテーマは「ALWAYS」です。春夏に求められる機能をさまざまなテーマごとに追求したスポーツ向け快適素材群を提案します。

1.日時

大阪:12月6日(火)~ 8日(木) 10:00~17:00
東京:12月13日(火)~15日(木) 10:00~17:00
(いずれも最終日は、16:00まで)

2.場所

大阪:東洋紡本社ビル 12F大会議室
東京:東京都立産業貿易センター 浜松町館2F 展示場

3.テーマ 「ALWAYS」

機能を極めたシュアスポーツ®素材は、スポーツシーンはもちろん、あらゆるシーンでその機能を発揮します。
ALWAYS(オールウェイズ)・・・いつもシュアスポーツ®素材はあなたの側にいます。

4.重点プロモート素材 (* は新商品)

(1)「レイブロック®30スーパーライト」*

高捲縮フルダルポリエステルフィラメントに特殊クリンプ加工を施すことにより、目付が125g/㎡以下で紫外線防止指数30を実現しました。
より薄地、軽量でありながら優れた紫外線遮蔽機能を有するニット生地です。

(2)「ソニックエアー®UV」*

特定の編組織と特殊断面ポリエステルを用いて、空気の流れをコントロールし運動中にクール感が得られる「ソニックエアー®」に、紫外線遮蔽効果を出しました。
特殊クリンプ加工を施したフルダル偏平ポリエステルが、その効果を高めました。

(3)「Zシャツ®」

布帛シャツにないストレッチ性、イージーケア性に優れたアクティブシャツです。
従来の機能性に加え、接触冷感性、発汗時の肌離れ性に優れたタイプ、麻混タイプを新たに提案します。

(4)「シルファイン®10」*

「シルファイン®」シリーズの最軽量素材である「シルファイン®10」を新規開発。
引裂強力10N以上、目付26g/㎡、厚さ40μmの世界最軽量級織物をこの展示会で、ぜひ体感ください。

(5)「シルファインエール®」

高強力ナイロン糸「シルファイン®」を超異型化することで、従来の軽さと引裂強力はそのままに、高密度布帛の低通気度にさらなる耐久性を持たせた、光沢感のある次世代型ダウン用側地です。

(6)「シルファインプリズム®」

従来の2倍以上の光沢感を持つ布帛です。また、素材バリエーションの組み合わせにより、ヨーロッパ調の陰影感と高い引裂強力を兼ね備えるなど、「感性」と「高機能」が融合した新しい素材です。
この展示会で、さらに細い22デシテックスの光沢素材を新規開発しました。

(7)TKI GPS(GARMENT PRODUCTION SYSTEM)

東洋紡のインドネシアの関係会社であるTKI、および東洋紡STCのインドネシアの関係会社であるSTGを活用した一貫生産(生地~縫製品)システムによる機能繊維製品を提案します。

出展点数は生地約280点、縫製品約50点の予定です。

 

(ご参考)

1.TKI(PT.TOYOBO KNITTING INDONESIA)

社長: 北阪 英志 (STGと兼務)
事業内容: ニット生地などの編立染色加工、販売 (TKI生産能力:130トン/月)
所在地: KAWASAN KIIC BLOCK B-3, KARAWANG, JAWA, BARAT, INDONESIA
株主構成: 東洋紡績株式会社 96.50%、PT.GREAT RIVER INTERNATIONAL 1.75%、
PT.GOLDEN CASTLE 1.75%

2.STG(PT. SHINKO TOYOBO GISTEX GARMENT)

社長: 北阪 英志
事業内容: ドレスシャツとニットの縫製 (ミシン900台)
所在地: JL PANYAWUNGAN KM.19, DESA CILEUNYI WETAN BANDUNG, INDONESIA
株主構成: 東洋紡スペシャルティズトレーディング(株) 80%、GISTEX 20%

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年