このページを印刷

高級肌着のアングル・ミユキを富士紡HDに譲渡

2012年5月11日

PDFをダウンロード (90KB)

 当社グループの御幸ホールディングス株式会社は、同社が保有しているアングル・ミユキ株式会社の発行済株式100%を、富士紡ホールディングス株式会社に売却することを決定しましたので、お知らせします。

1.アングル・ミユキについて

社名 アングル・ミユキ株式会社
設立 1931年(昭和6年)3月1日
資本金 100百万円
出資者 御幸ホールディングス株式会社100%
所在地 大阪府柏原市堂島町5番6号
代表者 代表取締役社長 小林 照雄
事業内容 高級肌着の企画、製造、販売
 

2.株式の売却時期

 2012年7月2日 (売却後、「アングル株式会社」に商号変更の予定)

3.株式売却の理由

 アングル・ミユキは、「アサメリー」「エアメリー」に代表される高級肌着を製造し、国内の百貨店を中心に販売を行ってきました。
 今回、「B.V.D.」などのブランドで肌着事業に強みをもつ富士紡ホールディングスは、ハイエンドの製品ゾーンにブランドを持つアングル・ミユキをグループに加えることにより、商品群や顧客層の拡大というシナジー効果を見込んでいます。
 また、当社グループとしては、アングル・ミユキが富士紡グループの一員となることにより、その強みをいかして新たな成長を見込めると考えました。

4.今後の予定

 御幸ホールディングスは、今後、紳士服、電子関連、不動産事業において、東洋紡グループとの連携を図り、効率的な運営を目指していきます。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡績株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年