このページを印刷

世界2位のエアバッグ用原糸メーカーをタイのインドラマ社と共同で買収

2014年2月3日

PDFをダウンロード (129KB)

 このたび当社は、タイ王国のインドラマ社(本社:バンコク、CEO: Aloke Lohia)と共同で出資を行い、ドイツのエアバッグ用原糸メーカーPHP社(本社:ヴッパータール、Managing Director: Jochen Boos)を買収することで1月31日に合意しました。

1.背景

① 当社は、1990年代以降、自動車生産台数とエアバッグの装着箇所の増加に伴いエアバッグ用基布事業の拡大を進めてきました。現在は、日本・タイ・中国・および米国に製造拠点を持ち、日系部品メーカーを中心にエアバッグ用素材(ナイロン66原糸・基布)を供給しています。

② PHP社は、エアバッグ用ナイロン66原糸の工場をドイツ・米国・中国に展開し、世界2位のシェアを持つ、タイヤや工業用ゴム製品向けのポリアミド66や産業用ポリエステル長繊維を中心にしたドイツの合繊リーディングメーカーです。当社とPHP社は、1993年にエアバッグのノンコート基布に関する技術導入契約を締結、以来長年にわたり協力関係にあり、昨今では事業面における協力関係も拡大しております。

③ 今回の共同出資者であるインドラマ社は、ポリエステル樹脂などを全世界で展開するポリエステル分野の世界トップ企業です。当社とインドラマ社は、ポリエステル繊維分野で技術提携など、協力関係にあります。

④ 今後もエアバッグの需要が新興国を中心に世界的に拡大することが予想されています。エアバッグ用途をはじめスペシャルティ分野でグローバル展開を目指し、海外での原糸から基布までの一貫生産・供給体制を強化する当社と、高性能な自動車関連・工業用製品の新たなラインアップで高付加価値製品のポートフォリオを拡大したいインドラマ社の考えが一致したことにより、共同でPHP社を買収することにしました。

当社はエアバッグ用の基布を生産販売している
(当社はエアバッグ用の基布を生産販売している)

2.今後の予定

 当社とPHP社が協力関係を結ぶことにより、両社は世界各地に生産拠点を持ち、グローバルな供給体制を整えたエアバッグ素材サプライヤーになることができました。また、日系のみならずタイ・中国・欧米系の自動車部品メーカーへの販路を構築し、自動車メーカーの世界展開に対応していきます。また、当社はインドラマ社とは本件エアバッグ分野以外でも、グローバルな協力関係を深めていきます。

3.参考資料

【東洋紡の概要】

社名 東洋紡株式会社
本社 大阪府大阪市北区堂島浜二丁目2番8号
代表者 坂元 龍三
事業内容 フィルム・機能樹脂、産業マテリアル、ライフサイエンス、衣料繊維などの製造、
加工、販売。プラント・機器の設計、制作、販売。各種技術・情報の販売

【PHP社の概要】

社名 PHP Fibers GmbH
本社 Kasinostr. 19-21, 42103 Wuppertal Germany
代表者 Jochen Boos (Managing Director)
事業内容 エアバッグ・タイヤコード用ポリアミド繊維製造・販売、ポリアミド樹脂製造・販売、
工業用ゴム製品向、広巾・細巾織物向産業用ポリエステル長繊維の製造・販売

【インドラマ社の概要】

社名 Indorama Ventures Public Co., Ltd.
本社 Sukhumvit Soi 19, Bangkok 10110 Thailand
代表者 Aloke Lohia (CEO)
事業内容 事業内容: PTA、PET 、ポリエステル繊維、エチレンオキシド、エチレングリコール等の製造・販売

 

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社 広報室
TEL 06-6348-4210

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年