• ホーム
  • ニュースリリース
  • セラミックコンデンサー用離型フィルム製造設備を増設 ~ 敦賀事業所に30億円を投資、需要増に対応 ~

このページを印刷

セラミックコンデンサー用離型フィルム製造設備を増設 ~ 敦賀事業所に30億円を投資、需要増に対応 ~

2017年12月4日

PDFをダウンロード (135KB)

 当社は、セラミックコンデンサー(以下、セラコン)市場の拡大に伴い、セラコン用離型フィルムの製造設備を増設します。敦賀事業所に30億円を投資し、2019年7月から製造を開始します。

1.増設の経緯

 セラコン市場は、IoTの進展やAIの導入によるデータ通信量の大幅な増加により、急速に拡大しています。現在、約7,000億円の市場は、年率10%の成長が見込まれ、2020年には1兆円になると予測されています。
 そのセラコン世界市場の50%以上を国内メーカーが占めています。中でも超小型(0.6㎜×0.3㎜以下)のセラコンは、ハイエンド品として位置づけられ、その大半は国内メーカーで製造されています。
 当社は、セラコン製造時に必要不可欠な離型フィルムを製造・加工しています。今後の需要の増大に対応するため、敦賀事業所に30億円を投資して加工設備を増設します。

2.当社離型フィルムの特長

 当社は、ハイエンド品の製造工程で使用される離型フィルムを、原反フィルム製造から離型加工まで一貫して製造することができる唯一のメーカーです。ハイエンド品に必要な平滑性に優れたフィルムを製造する独自技術と、高度なクリーン環境を維持できる加工設備を保有しています。

3.今後の展開

 今後、独自技術を生かしたハイエンド品のセラコン用離型フィルムの販売を加速し、2021年までに売上高の倍増を目指します。また、需要の増大に応じて、さらなる投資も検討していきます。

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部
電話:06-6348-4210 FAX:06-6348-3443
e-mail:pr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

ニュースリリース

  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
  • 2013年
  • 2012年
  • 2011年
  • 2010年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • 2006年