このページを印刷

開発方針

「環境、ヘルスケア、高機能で、社会に貢献する価値を、創りつづけるカテゴリー・リーダー」を目指します

執行役員 知的財産部、研究開発管理部、総合研究所の統括 大田 康雄

執行役員
知的財産部、研究開発管理部、
総合研究所の統括
大田 康雄

当社の事業を支えているのは、合成繊維の開発から蓄積された「高分子重合・変性」「高分子成形加工」の技術、酵母培養によるパルプ廃液処理研究から発展した「バイオ技術」のコア技術群です。これらのコア技術を利用して、光学用高透明ポリエステルフィルム、スーパー繊維、人工腎臓用中空糸膜、臨床検査薬用酵素といった、高機能製品を世に送り出しました。これらの製品は、当社の事業拡大に大きく貢献してきました。

さらなる成長を目指して、新製品の拡大・新事業の創出をアクションプランとして掲げ、活動を行っています。コア技術の融合・深化を図るとともに、国内外の企業、大学、研究機関とのオープンイノベーションを拡大、次世代技術を迅速に取り入れることで、成長市場へ先回りできるような新製品を創出する研究開発を行っています。

研究開発で生まれた製品の例

<環境>
保護機能付セシウム吸着性シート「ボランシール®」
保護機能付セシウム吸着性シート
「ボランシール®」
<ヘルスケア>
神経再生誘導チューブ「ナーブリッジ®」
神経再生誘導チューブ
「ナーブリッジ®」
<高機能>
高耐熱・低線膨張性ポリイミドフィルム「XENOMAX®」
高耐熱・低線膨張性ポリイミドフィルム
「XENOMAX®」
<高機能>
超複屈折ポリエステルフィルム「COSMOSHINE SRF®」
超複屈折ポリエステルフィルム
「COSMOSHINE SRF®」

当社はこれからも「Ideas & Chemistry」というスローガンのもと、「環境、ヘルスケア、高機能で、社会に貢献する価値を、創りつづけるカテゴリー・リーダー」として、成長力と安定性を備えた「強い企業」、スペシャルティ事業を通じてグローバルに貢献する企業を目指していきます。

ページの先頭へ

研究開発

  • 開発方針
  • 技術分野
  • 開発品トピックス
  • 研究開発体制
  • 社外受賞歴
  • 知的財産について
  • ここにも東洋紡製品
  • [東洋紡早わかりQ&A]東洋紡のことが早わかり!あなたの知らないTOYOBOを発見しよう。
  • [TOYOBO STORY]東洋紡の130年の軌跡
  • [映像・広告ギャラリー]企業PR映像、CMや新聞広告を掲載しています