沿革

1951年
東洋紡内に統制室管理課が誕生
1953年 IBM統計会計機の全機種導入
固定資産管理、償却費計算、伝票仕訳、諸勘定元帳、原綿収支、給与計算
営業費予算管理、契約バランスなど管理会計
1956年 全事業所にテレックスを導入し全社通信網を完成
1962年 IBM1401を導入し、電子計算機の時代へ
国際電電とのテレックス網整備
1966年
呉羽紡績との合併
IBM S360導入
1968年 繊維事業を中心に基幹システム整備
原価管理システム、素材別(綿紡績糸、短繊維織物、化合繊・加工糸、毛織物、長繊維織物、ファンシー織物、ニット・二次製品等)の個別管理システム
1971年 化合繊三工場(敦賀、敦賀ナイロン、岩国)の原価管理システム完成
本店・守口工場間、オンライン通信網整備
1976年 フィルム事業部システム更新により本格的なオンラインシステム整備
1979年 東洋紡・伊藤忠商事間でデータ交換開始
1983年 全社オンライン化完了
1984年 経営企画室、情報システム部で全社情報システム計画を策定
1987年 従業員預金システム整備、従業員向けキャッシュディスペンサー導入
1989年 DOSワープロ、ロータス1-2-3の社内教育
1992年
株式会社東洋紡システムクリエートとして分社化
1994年 Windows 3.1の導入
1995年 電子メールの導入、インターネットの導入
1996年 東洋紡ホームページ開設
1997年 OAソフトをMicrosoft Officeへ
グループウェアをLotus Notesに統一
1997年 フィルム事業 基幹システム再構築完了
2000年 新会計基準導入により東洋紡グループ連結決算システム化、Oracle/EBS導入
本社:ISO9001認証取得
2001年
各事業所にシステムセンター設置
2005年 本社:ISO27001認証取得
2006年 新調達システム導入
「GRANDITビジネスパートナー」に加盟
2012年 「GRANDITコンソーシアム」に加盟
2013年 東洋紡 人事給与システムをGRANDITにて構築
本支社:ISO20000認証取得
2015年
東洋紡海外展開の加速、グローバル経営機能の強化
東洋紡グループ標準システムをSAPにて構築
東洋紡国内外関係会社への導入を開始
2017年 東洋紡財務会計システムをSAPにて構築

ページの先頭へ