調達体制

調達・物流部は、当社各事業部(製・販・開)に対して全社調達横串機能として位置づけられ、WIN-WINの精神を基本として、優良サプライヤーを加えた四位一体によるコラボレーション体制を継続的に発展させることにより、相互繁栄を目指し、その結果として当社事業の拡大を支援する組織として運営されております。

基本方針

「調達革新」による全社最適・最善の戦略的購買を推進します。

1.「オープンドアポリシー」に基づく、優良調達先とのパートナーシップの強化
新調達先の開拓と調達先評価システムにより既存調達先と共有する問題点を顕在化させ、ベクトル合わせを行なうことで、取組み体制を強化していきます。
2.マーケットインプライスの創出を目指した原価企画活動(開発購買)の推進
原価目標を達成するために、標準化(汎用化)やオーバースペックの見直しを基本とした組織的VA、VE活動を推進します。
3.コンプライアンス及びフェアビジネスの徹底
下請け法など調達関連法を遵守し、調達先との関係においてフェアビジネスを進めます。
4.CSR調達の推進
  1. CSRを推進し、社会貢献に積極的に取り組むこと
  2. コンプライアンス(法令順守など)、公正取引・企業倫理を維持・強化すること
  3. 環境活動を維持・強化すること
  4. 製品の供給においては、品質、製品安全を保証すること
  5. 人権を尊重すること
  6. ステークホルダーに適時適切に情報を開示・対話するとともに、情報セキュリティ対策を維持・強化すること

CSR調達ガイドライン

調達・物流部が求める商品の特長

調達・物流部 商品購入ビジョン

人に優しく社会や地球環境に調和融合し、世界規模でお客様のニーズにお応えする魅力的な製品を提供するため、「よりコストパフォーマンスの高い商品」、当社製品の価値を高める「より画期的な商品」を求めています。

商品購入ビジョン図

調達・物流部組織とコンタクト先

2022年 1月 1日現在

調達・物流部組織とコンタクト先の図
窓口はこちら