マネジメントアプローチ

東洋紡グループ地球環境基本方針

環境理念

我々は、人と地球にやさしい技術をとおして社会に貢献し、地球環境の保全を図り、次の世代に、住みよい地球と豊かな社会を残すよう努めます。

環境活動方針

技術の開発

東洋紡グループの総力を発揮して、人と環境にやさしい技術(製品と製造プロセス)の開発に取組み、環境対策を推進していきます。

環境保全

製品の開発から設計・製造・販売・廃棄・回収に至る全ての段階において、環境に及ぼす影響を予測し、評価し、低減し、環境保全に取組みます。

社会への貢献

より良い地球環境の実現を目指し、事業を通じてだけでなく、良き企業市民として、社会や地域における環境保護や生物多様性保全活動への支援・参画に積極的に取組みます。

行動指針

  1. 考える(think of);技術開発と評価
    開発・設計での環境技術の開発と環境保全の評価に努めます。
  2. 大切にする(take care);環境保全と再利用
    生産・販売・物流・廃棄段階での環境技術の開発・向上及び再利用に努めます。
  3. 参画する(take part);技術公開と情報提供
    開発した環境技術の公開と環境情報の提供に努めます。
  4. 守る(take up); 環境遵守と監査
    国・地方自治体等の環境規制と自主管理基準の設定・維持に努め、監査を実施します。
  5. 育てる(train); 社内外体制
    環境に関する社内体制の充実と教育・啓発活動に努めます。

環境管理体制

「安全・保安防災」を経営上の最重要課題として、さらに強化するため、強い権限を持つ社長直轄の組織として、その機能に特化した「安全・保安防災推進本部」を2020年12月1日付で新設しました。

これに伴い「地球環境・安全委員会」を「安全・防災委員会」と「地球環境委員会」に再編し、地球環境委員会の下に地球環境推進委員会を設置して地球環境保全活動を推進しています。

同委員会は「地球環境保全」活動全般について審議および方針を決定し、同推進委員会は具体的事項についても審議・決定し、進捗を管理しています。当社各事業所・工場およびグループ会社には、委員会メンバーが赴いてアセスメントを実施し、現地の活動状況を点検しています。

体制図

体制図