トップメッセージ

竹内郁夫

2022年、当社は創立140周年を迎えました。お客さま、お取引先様、地域社会をはじめ、多くの方々からのこれまでのお引き立てに、厚く御礼申し上げます。

私たちはこれを機に、会社のロゴマークを60年ぶりに刷新しました。ロゴマークの真ん中を走る曲線は、地球の輪郭、つまり地平線を示しています。人と地球に求められるソリューションを創造しつづける企業グループとして、東洋紡グループの存在意義を表しています。これは、まさに企業理念『順理則裕』(なすべきことをなし、社会をゆたかにする)のもとで、めざす姿です。

持続可能な成長への転換

コーポレートロゴの刷新とともに、このたび長期ビジョン「サステナブル・ビジョン2030」を策定しました。「サステナブル・ビジョン2030」では、今後の事業環境の変化を想定し、企業理念を基軸に、ありたい姿とともに、サステナビリティ指標とアクションプランを示しています。めざすは、サステナビリティに貢献するサステナブルな会社、そして、企業文化の「持続可能な成長(サステナブル・グロース)」への転換です。

当社グループは、「素材+サイエンスで人と地球に求められるソリューションを創造し続けるグループ」をめざします。このビジョンは、3つの要素から成り立っています。一つは、事業を通じて社会の課題解決に貢献すること、二つ目は、持続可能な成長ができること。そして三つ目は、これらを実現するのは現場の一人ひとり、つまり、現場が主役であること。東洋紡で働く一人ひとりが誇りとやりがいを持って活躍できてこそ、会社の発展があるということです。

私たちの持つ技術や製品でこれらの社会課題の解決に貢献し、安心してくらせる「ゆたか」な社会の実現と企業価値向上のスパイラルアップに向かってまいります。

Beyond Horizons ― 超えていこう、もっと先へ

新しいロゴマークの下には、“Beyond Horizons” というタグラインが添えられています。

地平線(horizon)のかなたに見える地理的な境界だけでなく、時間的な境界を超えていく。現在の課題のみならず、その先の未来に責任を持つ事で、サステナビリティに貢献しつづけるサステナブルな会社をめざします。“Horizons“と複数形にしているのは、私たち一人ひとりが、自分の限界や境界を超えて前に進み、それぞれの変化(新しいこと)に挑戦する決意を示すものです。

私たちは、変化を恐れず、変化を楽しみ、変化をつくる。
今、東洋紡の新しい変革が始まります。

東洋紡株式会社
代表取締役社長 兼 社長執行役員
竹内郁夫

<関連情報>
企業理念体系 TOYOBO PVVs https://www.toyobo.co.jp/company/philosophy.html
2025中期経営計画(2022~2025年度) https://ir.toyobo.co.jp/ja/ir/library/plan.html
サステナブル・ビジョン2030 https://www.toyobo.co.jp/sustainability/pdf/sustainable_vision2030.pdf
創立140周年記念事業 https://www.toyobo.co.jp/140th/logo-and-monument/