生物多様性

マネジメントアプローチ

考え方・方針

私たちの暮らしは多くの化学製品に支えられています。繊維、包装容器、医薬品など、人々の生活に無くてはならないものばかりです。しかしその一方で、化学製品の原材料や製造工程から副生する有害な化学物質を大気・水域・土壌に排出し、地球環境を汚染することがあればあらゆる生態系を脅かすことになります。

当社グループは、「東洋紡グループ地球環境基本方針」の中で「良き企業市民として、社会や地域における環境保護や生物多様性保全活動への支援・参画に積極的に取り組む」ことを掲げており、私たちの事業活動が生態系に与える悪影響を最小限にとどめるよう努めています。また、各拠点で地域の清掃活動などの環境保全活動に取り組んでいます。生物多様性保全の取り組みを強化するため、「生物多様性保全の行動指針」を策定しました。日本経団連「生物多様性宣言(行動指針とその手引き)」や環境省「生物多様性民間参画ガイドライン」を尊重し、行動指針に基づいて活動を進めていきます。

<生物多様性保全の行動指針>

私たちは、生物多様性が持続可能な社会に欠かせないものであると認識しています。人と地球に求められるソリューションを創造し続けるグループとして、自らの事業活動が生物多様性保全に与える影響を理解し、さまざまな活動を通じて3つの多様性(種、遺伝子、生態系)の保全に取り組みます。

  • 当社グループの事業活動が生物多様性にどのように依存し、また影響を与えているかの把握に務め、負の影響を回避もしくは最小化することに取り組みます。
  • バリューチェーン全体において、生物多様性保全への配慮に努めます。
  • 生物多様性に配慮した製品や技術の開発を推進し保全に貢献します。
  • 社員の参画や地域社会・NGOなど多様なステークホルダーとの連携や協働を通じて、保全活動を支援・推進します。
  • 生物多様性に関する国内外の取り決めを順守します。

行動指針に基づく活動

下記の活動を「当社グループの生物多様性保全の行動指針に基づく活動」として設定し、今後、定量目標を定め、実績を確認していきます。

  • CSR調達ガイドラインの周知やホワイト物流の推進
  • 環境配慮製品の増加
  • 各拠点での社会貢献活動
  • 化学物質や遺伝子組み換え体の管理など

東洋紡グループの事業活動と生物多様性の関わり

当社グループの事業活動と生物多様性の関係性を下図のように整理しました。

また、当社グループの全生産拠点(国内、海外)について、IBAT※1を用いて、拠点の周囲1km以内に保全すべき希少生物や自然環境(世界自然遺産、IUCN※2保護地域管理カテゴリーⅠ~Ⅵ、ラムサール条約※3湿地)がないか調査し、以下の拠点をピックアップしました。

今後は、当社グループの事業活動と生物多様性の関係性や当社グループの拠点がある地域の環境を踏まえ、各拠点で行っている生物多様性保全活動をさらに強化していきます。

  • ※1 IBAT:Integrated Biodiversity Assessment Toolの略。国連環境計画(UNEP)などが参画している世界保護地域データベース
  • ※2 IUCN:International Union for Conservation of Natureの略。国家、政府機関、非政府機関で構成される国際的な自然保護ネットワーク
  • ※3 ラムサール条約:正式名称は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」。さまざまな生物の重要な生息地であり人間の暮らしを支える貴重な資源である湿地を、国際協力により保全し賢明な利用を進めていくことを目的としている

事業活動と生物多様性の関連性 【リスク・機会】

事業活動と生物多様性の関連性

JBIB(Japan Business Initiative for Biodiversity:一般社団法人企業と生物多様性イニシアチブ)の「企業と生物多様性の関係性マップ」を参考に作成しました

保全すべき自然環境が周囲にある拠点

拠点名 IBAT評価結果 説明
東洋紡 敦賀事業所(福井県敦賀市) 種と生息地管理区域 生息地等保護区、国指定鳥獣保護区
東洋紡 岩国事業所
東洋クロス 岩国事業所(山口県岩国市)
景観保護地域
資源保護地域
国立公園の一部、または国定公園
天然資源の持続的利用のために保護すべき地域
東洋紡 高砂工場(兵庫県高砂市) 資源保護地域 天然資源の持続的利用のために保護すべき地域
東洋紡 総合研究所(滋賀県大津市) 種と生息地管理区域 生息地等保護区、国指定鳥獣保護区
東洋クロス 樽井事業所(大阪府泉南市) 資源保護地域 天然資源の持続的利用のために保護すべき地域
日本エクスラン工業
東洋紡フォトケミカルズ(岡山県岡山市)
資源保護地域 天然資源の持続的利用のために保護すべき地域
  • ※東洋紡 敦賀事業所、高砂工場:保護すべき地域は拠点から1km以上(2km未満)の地点に存在しますが、今回活動の対象に含めています

取り組み

生物多様性への負のインパクトを最小化するため、下記の取り組みを行っています。

事業プロセスや製品における貢献

当社グループはさまざまな環境保全技術を活用して事業所・工場から出る排水や排気ガス中の「有害な」化学物質を取り除いた上で排出しています。さらに、それらが極少化できるよう製造工程の改善に努めています。また、誤ってこれらの有害な化学物質を排出することのないよう工程内に監視装置を設置し、日々監視しています。

これからを見据えて、各種製品の製造に使用する原材料として再生可能資源を活用できるような技術の開発や、使用後は自然界に戻る生分解性プラスチックの開発など、サプライチェーン全体で環境へ貢献できるよう取り組んでいます。

和歌山県「東洋紡みらいの森」での森林保全活動

苗木に鹿の食害防止カバーを付けている様子

苗木に鹿の食害防止カバーを付けている様子(2021年11月)

森林は、生物多様性の保全や地球環境の保全などの多面的な機能を持ちます。当社は、和歌山県が主催する「企業の森」に参加し、和歌山県中部の山林で「東洋紡みらいの森」森林保全活動に取り組んでいます。2006年の活動開始以来、地元の日高川町や紀中森林組合と協力して、植樹や下草刈りなどの活動を行ってきました。2021年11月にはより豊かな森を目指して、山桜、クヌギ、モミジなどの広葉樹を補植しました。

この森一帯には野生の鹿が生息しており、樹木の苗を食べることがあります。そこで鹿と樹木との共存のために、「みらいの森」周辺をネット(当社素材「イザナス®」使用)で囲い獣の侵入を防いでいます。さらに今回の植樹では、苗木に鹿の食害防止カバーを設置しました。

今後も和歌山県での森林保全活動を通じて、生物多様性や気候変動などの課題に貢献していきます。

琵琶湖の多様性保全のためのクリーンアップ活動に参加

「大津市 琵琶湖市民清掃」活動の様子

「大津市 琵琶湖市民清掃」活動の様子

滋賀県大津市の琵琶湖畔に立地する総合研究所では、毎年、全従業員の半数を超える600人以上が参加して湖岸を含む一帯の草刈りやごみ拾いといった環境保全活動を行っています。この活動は多くの貴重な生き物が生息し、人々の水資源でもある琵琶湖や河川、その周辺の環境保全を目的に約20年間継続しています。2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で従業員の活動を中止しましたが、2021年度は参加人数を制限するなど感染症対策を考慮した上で活動を継続していきます。