地域社会

マネジメントアプローチ

考え方・方針

東洋紡グループは、地域の皆さまのご理解があって初めて事業活動を行うことができると考えています。地域社会との信頼関係を築き、維持することを企業活動の基本と位置付け、地域の皆さまに必要な情報を公開するとともに、地域活動へ積極的に参加し、コミュニケーションを密にすることを重視しています。

社会の一員としてよりよい社会を築き支えるため、当社グループが地域コミュニティへの価値を提供しうると考える、科学技術振興、環境保全、地域社会とのコミュニケーションを推進しています。よき企業市民として果たすべき責任を果たし、未来へ投資することは企業理念『順理則裕』の実践の一つであると考えています。

また、各事業所では操業地域の活性化のため現地人材の雇用を推進しています。

関連する方針:

体制

上記の方針に基づき、各事業所で操業地域とのコミュニケーションを図っています。

次世代育成

次世代育成に関する考え方

東洋紡グループは、「東洋紡グループ企業行動憲章」において「私たちは、よき企業市民として積極的に社会に参画し、その発展に貢献します。」と宣言しています。将来にわたり私たちの社会が発展していくためには、未来を担う人材を育てることが重要です。そのため、当社グループは公益財団法人 東洋紡バイオテクノロジー研究財団を通じた研究助成などの科学技術振興、スポーツ振興に取り組んでいます。また、学生の皆さまに職場体験を通じて働くことのイメージを持っていただけるようインターンシップを開催しています。

取り組み

科学技術振興

東洋紡グループは、財団を通じて若手研究者を支援することで科学技術の発展に貢献しています。また、産学官の連携を通じて技術・産業・社会の発展に貢献しています。

若手研究者を支援し、バイオテクノロジー分野の発展に貢献する財団

2020年度長期研究助成受贈者の皆さまと財団関係者

2020年度長期研究助成受贈者の皆さまと財団関係者

将来にわたってわが国が経済社会的に発展していくためには、高度な科学技術を発展させていくことが重要です。当社は、まだ日本でバイオテクノロジーやライフサイエンスが新しい分野だった時代からいち早くこの分野に着目してきました。バイオテクノロジー分野の学際的な調査研究を促進し、その成果によって社会に貢献するため、当社が創立百周年を迎えた1982年5月に「財団法人 東洋紡百周年記念バイオテクノロジー研究財団(現公益財団法人 東洋紡バイオテクノロジー研究財団、以下本財団)」を設立し、以来、研究会やシンポジウムの開催、研究助成を行ってきました。設立当初より現在に至るまで、この分野の第一線で活躍されている先生方が本財団の趣旨に賛同してくださり、理事・評議員を務めていただいています。近年は、バイオテクノロジーやライフサイエンスの分野が財団設立時に比べて成長したこともあり、未来を担う若手研究者の支援に活動を集中しています。

本財団の研究助成の特長に、研究費の用途を定めないということがあります。これは、初めて海外へ飛び立つ若手研究者を総合的にサポートしたいという思いからです。助成を受けた方からの報告では、皆さんいきいきと研究生活を送っている様子がわかります。

2020年度は研究助成贈呈者5人を決定し、総額2,750万円の研究助成金を贈りました。2021年2月25日には、 新型コロナウイルス感染防止のため、オンラインで贈呈式を行いました。長期研究助成に関しては、本年度を含めて累計で211人にのぼります。受贈者はバイオテクノロジーの研究分野や教育の第一線で活躍されており、次世代の育成に貢献したいと本財団の理事・評議員を務めてくださる方もいらっしゃいます。

「滋賀発成長産業発掘・育成コンソーシアム」を通じた、研究開発型創業支援プログラム「滋賀テックプランター」・次世代育成事業「滋賀ジュニアリサーチグラント」などの支援

「滋賀発成長産業発掘・育成コンソーシアム(以下、同コンソーシアム)」は、滋賀県の強みを生かした産業が次々に生まれ、成長していく仕組みをつくり、県内の産業振興と地域の活性化を目指す産学官連携の組織です。滋賀県に総合研究所と大津医薬工場を置く当社は、同コンソーシアムの趣旨に賛同し、次世代技術やその研究者・技術者・起業家を育成する研究開発型創業支援プログラム「滋賀テックプランター」およびそのビジネスプランコンテストである「滋賀テックプラングランプリ」のパートナー企業を第1回より務めています。また、同コンソーシアムが次世代の産業創出のリーダーたる人材の育成を目指し、県内の中高生の研究活動を支援する「滋賀ジュニアリサーチグラント」においては第1回よりパートナー企業を務めています。新型コロナウイルス感染症拡大以前には、当社従業員が成果発表会の審査員を務めていました。

  • ※ 2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で「滋賀ジュニアリサーチグラント」は募集見送りとなりました。

2021年7月31日 滋賀テックプラングランプリ2021 最終選考会

2021年7月31日 滋賀テックプラングランプリ2021 最終選考会

東洋紡賞を受賞したレナートサイエンスチーム代表者とグランプリ審査員を務めた当社常務執行役員の大田

東洋紡賞を受賞したレナートサイエンスチーム代表者とグランプリ審査員を務めた当社常務執行役員の大田

  • ※ 写真撮影のためマスクを外しています

中高生に特別講義 日経サイエンス「社会発見!サイエンス講義」を実施

中高生に特別講義 日経サイエンス「社会発見!サイエンス講義」を実施

月刊科学雑誌「日経サイエンス」の「社会発見!サイエンス講義」という企画で、2020年12月16日、神奈川県の洗足学園中学高等学校で、「東洋紡の挑戦~循環型社会への貢献を目指して~」と題した特別講義を行いました。

約30人の中高生に対して、当社の事業概要、特にプラスチックにおける環境対応の取り組みを紹介、またリサイクル技術や植物由来プラスチック、生分解性プラスチックについて説明しました。

講義後、生徒からは多くの質問があり、中高生の環境・プラスチック問題への関心の高さが伺えました。「プラスチック問題について理解が深まった」「プラスチックの良さを生かしつつ、環境に優しいものを開発するという考え方が印象に残った」などの感想がありました。

「日経STOCKリーグ」参加の中学生よりオンライン企業訪問を受けました

2020年12月18日、「日経STOCKリーグ」に参加している豊島岡女子学園中学校の学生4人のオンライン企業訪問を受けました。

日経STOCKリーグは、日本経済新聞社主催、野村ホールディングス特別協力の中学生、高校生、大学生を対象にしたコンテスト形式の株式学習プログラムです。

テーマは「当社の環境に関する取り組み」で、 なぜメカニカルリサイクルすると色が付いてしまうの?、植物由来のペットボトルは分解したら土に戻るの?などの質問がありました。

質問に答えるだけでなく当社の印象を尋ねるなど、双方向のコミュニケーションをとることができました。

面談後、「環境に良いものを作ろうとしている姿勢が印象的でした」、「繊維がメインのイメージでしたが、身近なものを多く作っていることに驚きました」などの感想が寄せられました。

スポーツ振興

東洋紡グループは、世界で戦う若者を応援するため、以下の活動を行っています。

FC Basara Mainzのゴールドスポンサーに

FC Basara Mainz 集合写真

FC Basara Mainz 集合写真

当社は、2019年9月からドイツ6部のサッカーチームFC Basara Mainzのゴールドスポンサーとして協賛しています。FC Basara Mainzは、当社広告宣伝活動でもご協力いただいたプロサッカー選手・岡崎慎司氏(スペイン1部SDウエスカ所属)が創立者の一人で、「日本人がドイツでサッカーを通じて、人として成長ができる場所をつくりたい」という思いのもと、2014年に発足しました。同チームは、当社素材「オリエステルおりがみ®」を使っておりがみ教室を開催するなど、地元マインツと共生したスポーツ活動を行っています。

社会貢献活動

社会貢献活動に関する考え方・方針

東洋紡グループは、素材メーカーとして地域の皆さまに安心して過ごしていただくためのさまざまな情報の提供、地域の皆さまへの教育・啓発活動を行うとともに、よき企業市民として地域社会とともに発展していく、元気な街づくりを応援する活動に取り組みます。

当社グループの考え方や事業について知っていただくため、ウェブなどを通じ、情報を発信します。

地域の活動への積極的な参加や当社を知っていただく機会の提供を通じて地域の皆さまとコミュニケーションを図り、そこで得られたものを企業活動に生かします。

取り組み

毎年、当社全事業所では地域の活性化に貢献するため文化行事に積極的に参加したり、地域の皆さまや従業員のご家族に当社グループを知っていただくために見学会等を開催しています

災害用備蓄品を「ふーどばんくOSAKA」に寄付
((株)東洋紡カンキョーテクノ)

東洋紡カンキョーテクノでは、大阪、東京、岡山3拠点で保管している災害用備蓄品を「認定NPO法人 ふーどばんくOSAKA」に寄付しました。

この活動は2020年度に計画を開始し、2021年度に3回に分けて実施しました。毎年各拠点で備蓄品について数量・賞味期限の確認をし、その中から賞味期限3カ月前を目安に寄付を行っています。社内からは、この活動を通じて「SDGsの取り組みと聞くと、難しく考えていましたが、もっとカジュアルに考えれば良いのだと少しハードルが下がりました」という声もありました。

東洋紡カンキョーテクノは、2019年に「ISO14001」を取得したのをきっかけに、環境安全活動の中期計画を作成しています。その中で社会貢献として何ができるかを毎年検討しており、今後も災害用備蓄品の寄付を続けていきます。

寄付した備蓄品

福井テレビ「はじめてばこ」プロジェクトへ協賛
(敦賀事業所)

2021年から、福井テレビの企画「はじめてばこ」プロジェクトに敦賀事業所として協賛しています。

「はじめてばこ」プロジェクトは、生まれてくるすべての子どもたちを祝福するプロジェクトです。「10年後、20年後も大切にしたくなる、特別な箱」を赤ちゃんの生まれたご家庭にプレゼントするもので、広島からスタートし全国に広がりを見せています。

「はじめてばこ」に同梱できる協賛企業商品として、当社ポリエステルフィルム「オリエステル®」使⽤の「においバイバイ袋®」を提供しています。 これは嫌なにおいを1秒でねじって防ぐ防臭袋で、赤ちゃんの使用済みおむつなどを入れるのに活躍することでしょう。

子どもの成長とともに、大切なはじめての記念品で「はじめてばこ」が一杯になりますように!

福井テレビ「はじめてばこ」プロジェクト

福井オリジナルデザインの「はじめてばこ」

福井オリジナルデザインの「はじめてばこ」

ようこそ富山事業所へ!学生向けに見学会を開催
(富山事業所)

2021年3月10日、富山県南砺市主催の企業見学ツアーが行われ、同市在住・出身の大学生や高校生9人が井波工場を見学しました。また、3月16日には、私立高岡第一高等学校の2年生18人が庄川工場を訪れました。

富山事業所長からの歓迎のあいさつと、会社紹介の後、工場の中を案内しました。学生の皆さんは実際の機械や製品の近くで、担当者からの説明に耳を傾けていました。見学後には、「一番売れている製品は何か」「どのサッカーチームのユニフォームに素材が使われているか」「どんな時にやりがいを感じるか」などのたくさんの質問がありました。

今後も富山事業所では、近隣地域の学生の企業見学や就業体験の受け入れを積極的に行います。

学生向けに見学会を開催(富山事業所)
学生向けに見学会を開催(富山事業所)

高校で出張授業 PCR検査の実験実習を行いました!
(敦賀事業所)

2021年7月19日、福井県立敦賀高等学校の2年生33人を対象にPCR検査の実験実習を行いました。

新型コロナウイルスの診断に使用されるPCR検査がどのようなものであるかを生徒の皆さんに体験していただき、医学や薬学に対する関心を高めてもらうことを目的としました。

PCR検査の仕組みについて講義を行った後、八つのグループに分かれて実際にその検査手順を体験しました。生徒の皆さんは、細かい作業に苦戦しながらも、真剣な表情で実験に取り組んでいました。

今回の実習は、バイオテクノロジー分野に興味を持っていただく良い機会となりました。

高校で出張授業 PCR検査の実験実習を行いました!(敦賀事業所)
高校で出張授業 PCR検査の実験実習を行いました!(敦賀事業所)

放課後等デイサービスで出前授業を実施
(敦賀事業所)

2021年8月20日、放課後等デイサービス「こども発達支援ルームぷらすup」(福井県敦賀市)にて出前授業を行いました。今回の授業は、子どもたちに地元にある当社を知ってもらい、「働く」ということについて考えてもらいました。

はじめに事業所の概況を説明した後、三次元網状繊維構造体「ブレスエアー®」の銘柄を当てるクイズを実施。子どもたちは、硬さの異なる四つのクッションの中から、配布したサンプルと同じものを当てるため、触ったり座ったりしてその違いを比べていました。

クイズに正解すると手をたたいてうれしそうに喜んでいた子どもたち。授業が終わると「東洋紡についてよく分かった。楽しかった!」と感想を伝えてくれました。 

放課後等デイサービスで出前授業を実施(敦賀事業所)
放課後等デイサービスで出前授業を実施(敦賀事業所)

新型コロナウイルス感染症への対応

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に際し、東洋紡グループは保有する製品やサービスの提供を通じて社会に貢献しています。