健康経営

マネジメントアプローチ

考え方・方針

当社グループは、従業員の健康に配慮した働きやすい職場づくりを行うため、従業員の心身の健康保持・増進に向けて取り組んでいます。

2019年度には、健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」に着手しました。今後、従業員の健康保持・増進、生産性の向上などを通じて組織の活性化や業績向上に寄与する取り組みを推進し、経済産業省による「健康経営優良法人認定制度」の認定取得も目指します。

また当社では、従業員の健康に投資し、従業員がいきいきと働く活力ある職場であることが、企業の長期的な成長につながると考えており、これまでも会社と健康保険組合が協働し健康支援に取り組んできました。今後ともその取り組みを継続し、さらに一歩進めた「健康経営」に積極的また体系的に取り組むことを目指して2020年3月に社長が宣言する「TOYOBO健康経営宣言」を策定し、推進体制を構築しました。

<TOYOBO健康経営宣言>

当社は、企業理念である『順理則裕』(なすべきことをなし、ゆたかにする)のもと、成長力と安定性を備えた、強い「良い東洋紡」を目指しています。

会社が力強く成長するためには、イキイキと頑張る従業員一人ひとりの力が必要であり、会社の成長が、従業員の働きがいや、ご家族も含めたゆたかさの実感に繋がると考えています。

従業員がイキイキと頑張る源泉は「健康」であり、会社として、従業員の健康保持・増進に積極的に取り組むことは、重要な経営課題と認識しています。

また、従業員自身が「健康」であることの重要性を自分ごととすることも大切です。

ここに「健康経営」に積極的に取り組むことを宣言します。

代表取締役社長
楢原誠慈

体制

<健康管理体制>

当社グループは「健康経営」に積極的かつ体系的に取り組むことを目指し、2020年3月に「健康経営宣言」を策定するとともに推進体制を構築しました。健康管理最高責任者(CHO)の下、労務部、産業医・保健師・看護師、健康保険組合が連携し、重点施策に取り組んでいます。

健康管理体制

「TOYOBO健康経営宣言」における重点施策

「TOYOBO健康経営宣言」では、以下の重点施策に取り組んでいます。

  1. 従業員の健康意識向上(啓発、教育)への取り組み
  2. 従業員の生活習慣改善(運動、食事、禁煙支援など)への取り組み
  3. メンタルヘルス対策の強化(高ストレス従業員・職場への改善対応など)への取り組み

取り組み

メンタルヘルスケアへの取り組み

外部講師を招き、管理職向けに研修を実施し、啓発、教育に取り組んでいます。また、各事業所の産業保健スタッフによる、個別の相談対応も行っています。さらに、ストレスチェックの結果を基に、高ストレス従業員への個別対応を行っています。今後は、集団分析結果に基づく高ストレス該当職場への対応に取り組んでいく予定です。

また、新型コロナウイルス感染症対策によるテレワーク(在宅勤務)時におけるメンタルヘルスケアについて、セルフケアとラインケアのそれぞれについて情報発信し、従業員の心身の健康維持を支援する取り組みも行っています。

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症対策としては、テレワーク(在宅勤務)・時差出勤の促進、在社時のソーシャルディスタンスの確保、感染予防情報の発信、マスクの配布などを実施しています。