環境問題への取り組み

環境に配慮した事業活動

環境経営推進体制

環境に関する社内体制の充実に努め、監査を実施します。

  • 気候変動に対する「環境適応策」を策定し、将来の影響に備えます。
  • グローバル対応として、自主アセスメントを海外拠点に展開し、当社グループ一体となった活動運営を図ります。

温暖化対策

環境におよぼす影響を予測し、評価し、低減し、環境保全に取り組みます。

  • 省エネを推進し、エネルギー原単位、物流原単位をさらに向上させます。
  • COP21を受けてCO2排出量の削減をします。

資源循環

生産・販売・物流・廃棄段階での環境技術の開発・向上および資源の再利用に努めます。

  • 当社グループ全体のゼロエミッションを推進します。
  • 資源の有効活用を図り、廃棄物量の削減を図ります。

汚染対策、生物多様性対応

環境規制より厳しい自主管理基準を設定し維持に努め、環境保護や生物多様性保全に取り組みます。

  • PRTR対象物質の排出量削減に努めます。
  • PCB含有機器を法令に則り計画的に処理します。

製品対策

人と環境にやさしい技術の開発に取り組み、環境対策を推進します。

  • エコパートナーシステム®製品の比率向上に努めます。
  • グリーン購入対象品の購入率100%を維持します。

積極的な社会貢献活動

社会貢献活動の推進、環境データの公開、環境意識の高揚

環境情報の提供、環境に関する教育・啓発活動を行うとともに、良き企業市民として、社会や地域の発展に貢献できる活動に取り組みます。

  • 「東洋紡グループCSR報告書」を発行し、情報を公開します。
  • 東洋紡グループ環境展、環境セミナー、新入社員教育、環境情報の伝達により、当社グループ従業員の環境意識の高揚を図ります。
  • 環境活動をきちんと評価し改善していきます。