ニュースリリース

関西国際空港の大型広告を刷新 ~ 若手クリエイターを起用し、斬新なデザインに ~

 8月27日から、当社は関西国際空港の広告を刷新しました。設置場所は4階の国際線出発フロアの南保安検査場入口上部で、ビジュアル作品には、新進気鋭のクリエイター チョーヒカル氏を起用しました。
 関西国際空港への広告は、空港開港以来、継続的に実施しています。このたび、「変化」「意外性」「化学」をキーワードに、「Catalyzing the Unimagined~想像を超える化学反応を。」というキャッチフレーズと、「バナナフィッシュ」という斬新なビジュアル作品で、「変わっていく東洋紡」を表現しました。

広告イメージ

「Catalyzing the Unimagined~想像を超える化学反応を。」

 「catalyze」は、「触媒作用(化学反応)を引き起こす」という意味があります。「the Unimagined」は直訳すると「想像できないもの」ですが、当社はここでは「想像を超えるもの、ワクワクするもの」と解釈しています。「Catalyzing the Unimagined」は、想像を超えるヒト・モノ・コトの化学反応で、素晴らしいものを次から次へと生み出していこう、といった当社のめざす姿を表現しています。

「バナナフィッシュ」

チョーヒカル氏

 一見サカナだと思った物体は、実はバナナだった…バナナに精密なサカナを描いたチョーヒカル氏は、1993年生まれの23歳。
「UNUSUAL(非日常)ART」をテーマに、ボディペイントや衣服のデザイン、イラスト、立体、映像作品などを制作、国内外で活躍する新進気鋭のマルチ・クリエイターです。同氏の既成概念にとらわれない自由な発想や意外性が、当社のめざす姿と重なったことが、このたびの広告制作の起用につながりました。

チョーヒカル公式ウェブサイト:http://www.hikarucho.com/ (㈱スーパーフラッシュ所属 http://superflash.co.jp/

メイキング・ムービー配信中!(クリックすると別窓で開きます)
「バナナフィッシュ」は、サカナなのか、バナナなのか・・・真相をご覧ください。
※東洋紡ウェブサイト「映像・広告ギャラリー」でもご覧になれます。

以上

本件に関するお問い合わせ先

p class="name"><リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部

 

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。