ニュースリリース

JR東日本「TRAIN SUITE 四季島」のマットレスの素材に三次元スプリング構造体「ブレスエアーエクストラ®」採用

 2017年5月1日(月)より運行を開始する、JR東日本のクルーズトレイン 「TRAIN SUITE(トランスイート) 四季島」の全客室に、フランスベッド株式会社 (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田 茂、以下フランスベッド) のマットレスが採用されました。このマットレスには、当社とフランスベッドが共同開発した三次元スプリング構造体「ブレスエアーエクストラ®」が使用されています。

列車イメージ

列車イメージ

客室

客室

1. 「ブレスエアーエクストラ®」とは

 当社の三次元スプリング構造体「ブレスエアー®」の特長に加えて、適度な硬さとしなやかさも併せ持つのが「ブレスエアーエクストラ®」です。「ブレスエアーエクストラ®」を使用したマットレスは、すでにフランスベッドから2014年より販売され、好評を博しています。

2. 「TRAIN SUITE 四季島」採用のマットレスについて

 全客室に採用されたマットレスは、フランスベッドが展開する「高密度連続スプリングマットレス」に「ブレスエアーエクストラ®」を組み合わせた「TRAIN SUITE 四季島」独自の仕様です。「ブレスエアー®」の持つ優れた通気性や、体圧分散性、耐久性を生かし、快適な鉄道の旅をサポートします。

3. 「TRAIN SUITE 四季島」について

TRAIN SUITE 四季島

 「TRAIN SUITE 四季島」は、日本の豊かで美しい自然を、また地域に根ざした産業や日々の暮らしに息づく文化を、列車ならではの「豊かな時間と空間の移ろい」の中で、さまざまに楽しむ旅を提供するJR東日本のクルーズトレインです。

4. 三次元スプリング構造体 「ブレスエアー®

 「ブレスエアー®」は、当社の熱可塑性ポリエステル系エラストマー「ペルプレン®」を繊維状にして複雑に組み合わせた三次元スプリング構造体です。軽量・高反発で耐久性や通気性に優れ、制菌性もあります。ウレタンフォームに替わるクッション材として、寝具マットや座席シート、ベビーカーやペット用ベッドなど、さまざまな用途に採用されています。

「ブレスエアー®」

「ブレスエアー®

新しいロゴマーク(商標出願中)TM

以上

本件に関するお問い合わせ先

<メディアの方のお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

<マットレスについてのお問い合わせ先>
フランスベッド株式会社
営業企画本部 ホテル営業企画課

TEL03-6894-2259

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。