ニュースリリース

高耐熱性ポリイミドフィルム「ゼノマックス®」の生産・販売会社「ゼノマックスジャパン株式会社」設立のお知らせ

 当社は、本日、長瀬産業株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:朝倉研二、以下「長瀬産業」)との合弁により、高耐熱性ポリイミドフィルム「ゼノマックス®」の生産・販売会社「ゼノマックスジャパン株式会社(以下、「ゼノマックスジャパン(株)」)」を設立しましたのでお知らせいたします。

1.ゼノマックスジャパン(株)について

所在地 福井県敦賀市東洋町10-24 (東洋紡株式会社 敦賀事業所内)
代表者 中村 英弘
資本金 34億円(資本準備金を含む)
出資比率 東洋紡:66.6%、長瀬産業:33.4%
従業員数 約40名
設立 2018年4月2日
事業内容 高耐熱性ポリイミドフィルム「ゼノマックス®」の生産、販売

【新設する生産設備の概要】

所在地 ゼノマックスジャパン(株)と同じ
延床面積 約4,300平方メートル
構造/階数 鉄骨 / 2階建(一部5階建)
操業開始 2018年10月(予定)
投資額 約30億円

高耐熱性ポリイミドフィルム 「ゼノマックス®」

高耐熱性ポリイミドフィルム 「ゼノマックス®

「ゼノマックス®」 」生産工場 完成予想図

「ゼノマックス®」 」生産工場 完成予想図

2.高耐熱性ポリイミドフィルム「ゼノマックス®」について

 「ゼノマックス®」は、室温から500℃まで熱膨張係数※1が約3ppm/℃と一定で、ポリマーフィルムとして世界最高レベルの寸法安定性※2を持つ高耐熱性ポリイミドフィルムです。当社が持つ高耐熱ポリマーの合成技術やフィルム製膜技術などを駆使することにより、従来のポリイミドフィルムでは不可能だった、ガラス基板と同等の高い寸法安定性を実現しました。400~500℃の高温下で加工が必要な薄膜トランジスタ(TFT)の回路基板向けに使用することができます。これまで、コーポレート研究所(滋賀県大津市)内のパイロット生産設備で製造し、電子ペーパーディスプレー向けTFT基板材として採用されてきました。

3.今後の展開

 ゼノマックスジャパン(株)の設立に伴って生産設備を新設し、2018年10月より操業を開始します。
電子ペーパーディスプレー向けTFT基板材の需要増に対応するとともに、「薄い」「軽い」「割れない」「曲がる」といったフィルムの特性を生かし、フレキシブルな有機ELディスプレーや各種センサー、さらにはマイクロLEDといった次世代ディスプレー用途での展開を図ります。
 今回、従来の38ミクロンタイプに加え、5ミクロンタイプの薄膜グレードを新たにラインアップしました。薄膜化が有利とされる有機ELディスプレーや薄膜センサー用途の事業拡大に注力し、早期に100億円規模の事業の構築を目指します。

※1 熱膨張係数 温度の上昇に伴って物体の寸法(サイズ)が大きくなる(熱膨張の)割合を示す。単位温度当たりの変化率で示される。
※2 寸法安定性 温度の変化に対して物質(材料)の寸法(サイズ)の変化が起こりにくい性質。

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。