ニュースリリース

当社敦賀事業所における酵母流出事故について

 7月7日(土)、23時30分頃、当社敦賀事業所・敦賀バイオ工場(福井県敦賀市東洋町10−24)の酵素製造工程で、酵母を含む水性液体が流出する事故が発生しました。流出した酵母は、遺伝子組換えをした酵母で、環境への影響はないと考えられます。

 当事故により、近隣住民の皆さま、関係省庁他、関係者の皆さまには、多大なるご迷惑、ご心配をおかけしておりますことを心からお詫び申し上げます。

 今回、製造工程内の配管が外れたため、酵母を含む液体が配管外に漏えい、事業所内の排水路を経由して海中に流出しました。流出した液体は最大74リットルと推定されます。応急対応により、7月8日(日)0時8分時点で、流出は止まっております。

 当社は、天然由来の酵母に酵素遺伝子を導入した「遺伝子組換え酵母」を使用し、酵素を製造しております。今回流出した「遺伝子組換え酵母」は、動物に対する危険性がないことを確認しております。また、導入した遺伝子は、他の微生物に伝播する機能がないため、環境への影響はないと考えられます。

 当事故による、近隣住民の皆さま、当社および関係会社・協力会社の従業員・関係者への被害は確認されておりません。

 今後、新たな情報が確認でき次第、速やかにお知らせいたします。

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。