ニュースリリース

『マンシングウェア』商標権一社集約についてのお知らせ

 東洋紡株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:楢原誠慈、以下「当社」)は、株式会社デサント(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:石本雅敏、以下「デサント」)および伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木善久、以下「伊藤忠商事」)と共同で保有している『マンシングウェア』の商標権について、伊藤忠商事とともに当社の共有持分をデサントに譲り渡し、同社の一社保有とすることについて、3社で基本合意に至りましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.商標取得の経緯

当社は、1984年にデサント、伊藤忠商事と当社の3社共有にて、日本及びアジアにおける商標権を取得しました。その後、34年に渡り当社が製造、伊藤忠商事が貿易、デサントが商品企画・販売を担い、3社共同で同ブランドのビジネスを展開して参りました。

2.商標権のデサントへの譲渡予定日

2018年11月30日

3.商標権一社集約の目的

これまで3社共同で行ってきた同ブランドのビジネス運営における重要な意思決定をデサント単独で行うことができるようになるため、より機動的かつダイナミックなブランドビジネスの運営が可能となります。当社は、今後もデサント、伊藤忠商事と密に連携しながら、お客様に満足いただける高品質かつ高品位なマンシングウェア製品の開発、生産に注力し、同ブランドの価値向上に努めてまいります。

4.業績への影響

本譲渡による当社の2019年3月期連結業績への影響は軽微です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。