ニュースリリース

~車載向け用途の需要拡大に応じ、生産体制を強化~セラミックコンデンサ用離型フィルム加工設備を増設

 当社は、敦賀事業所にてセラミックコンデンサ(以下、セラコン)用離型フィルムのコーティング加工設備を建設中、本年夏にも1号機が稼働予定です。このほど、車載用セラコン需要の急増に対応するため2021年春をめどに2号機を増設し、生産体制の強化を図ります。

 

1号機と2号機が設置される工場棟(建設中)

1号機と2号機が設置される工場棟(建設中)

 

 セラコンは、電流を調整したり、電気を一時的に蓄積したりする汎用的な電子部品として、さまざまな電子回路に搭載されています。スマートフォンの高機能化や、IoTやAIの普及・進展により市場が拡大しており、2017年度に約7,000億円だった市場規模は、2023年度には1兆4千億円に達することが見込まれています。

 当社は、セラコンの製造時に不可欠な離型フィルムを製造・加工しています。セラコン市場の拡大を受け、敦賀事業所に工場棟を新設し、離型フィルムのコーティング加工設備の1号機を今夏にも稼働する予定です。

 このほど、自動車の電装化や電動化の急ピッチな進展により、セラコンの自動車への搭載数が急増していることなどを受け、2号機の増設を決めました。当社は1号機と2号機に総額で60億円を投資し、生産体制を強化。2023年度までに売上高の倍増を目指します。

■東洋紡のセラコン用離型フィルムについて
 当社は、ハイエンド品と位置づけられる超小型(0.6mm×0.3mm以下)セラコン用離型フィルムにおいて、原反の製造から離型層のコーティング加工まで一貫して行える唯一のメーカーです。平滑性に優れたフィルムを製造する独自技術と、高度なクリーン環境を維持できる加工技術を保有しています。

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。