ニュースリリース

業界初、バイオマス原料を使用した包装用ナイロンフィルム「バイオプラーナ® 二軸延伸ナイロンフィルム」を開発、製品化

 当社は、原料の一部にバイオマス(植物資源)由来のナイロン樹脂を使用した業界初の包装用フィルムとして、「バイオプラーナ® 二軸延伸ナイロンフィルム(ONY)」を開発しました。今月中にサンプル出荷を開始し、2019年度中の量産開始を目指します。

「バイオプラーナ® ONY」の原反

「バイオプラーナ® ONY」の原反

「バイオプラーナ® ONY」のイメージイラスト

「バイオプラーナ® ONY」のイメージイラスト

 二軸延伸ナイロンフィルムは、優れた耐ピンホール性や耐衝撃性が特長で、液体包装、詰め替えパウチ、レトルト包材などさまざまな用途で使用されています。近年ますます環境意識が高まる中、このたびバイオマス由来の樹脂を使用した包装用の二軸延伸ナイロンフィルムを新たに開発。石油由来原料のみを使用したナイロンフィルムと同等の性能を実現しました。バイオマス由来のナイロン樹脂を使用した包装用フィルムが製品化されるのは業界で初めてです。

 当社は2011年にバイオマス由来のポリエステル樹脂を使用した「バイオプラーナ® PETフィルム」を上市。食品包装用途を中心に幅広く採用されてきました。また、電気・電子部品や自動車関連素材用として、バイオマス原料を使用した高融点ポリアミド樹脂「バイロアミド®」など、環境に配慮した製品を積極的に展開しています。バイオマス由来の二軸延伸ナイロンフィルムを新たにラインアップに加えることで、環境負荷の低減に貢献する製品の拡充に努めていきます。

 ※2019年10月15日現在、当社調べ

■包装用「バイオプラーナ® 二軸延伸ナイロンフィルム」について
 バイオマス由来のナイロン樹脂を使用しながら、石油由来原料のみを使用した従来品と同等の性能を有する、包装用の二軸延伸ナイロンフィルムです。
 ・サンプル出荷: 2019年10月中
 ・量産開始:   2019年度中(予定)
 ・ラインアップ: 15μm(片面コロナ処理/両面コロナ処理)
 ・主な用途:   液体包装、詰め替えパウチ、レトルト包材など

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。