ニュースリリース

2021年 SPRING & SUMMER 東洋紡グループ繊維総合展「IC&I:市」 テーマ:「化布技(かぶき)」~●●なのに■■ 「なのに発見伝」~

(東洋紡STC株式会社)

当社は、2021年春夏シーズンの東洋紡グループ繊維総合展「IC&I:市」を下記の通り開催します。

1.日時

東京 12月 3日(火) ~ 5日(木)
10:00~17:00
大阪 12月 10日(火) ~ 12日(木)
10:00~17:00
(東京、大阪ともに、最終日は16:00まで)

2.場所

東京 神田明神ホール 2F
大阪 東洋紡本社 12F大ホール

3.テーマ

「化布技(かぶき)」 ~●●なのに■■ 「なのに発見伝」~

いつもの布(素材)が、化ける技「なのに発見伝」をご覧あれ!(東京よりスタート)

4.主な出展内容

【東洋紡STC株式会社】

◎スポーツ

①ビジネス向け素材

TEC46 TM /テック46 TM」:軽量ジャケット、ビジネスシャツ、スポーツインナーなど幅広い用途に展開可能なニット素材です。46G(ゲージ)の高密度編み機と高ストレッチ糸を組み合わせることにより、 ニット素材でありながら、まるで布帛のような目面(めづら)と、独自のストレッチ感、ハリコシ感を実現しました。

 

②学販向け素材

ツメタイン TM」:運動中に発生する体熱を効率的に放出するニット生地です。東洋紡グループ独自の熱移動理論に基づいた編み組織を採用し、通気性を増大させました。また、紫外線の遮蔽性にも優れています。

 

③介護・ユニフォーム向け素材

耐工業洗濯対応ニット:繰り返し洗濯(工業洗濯を含む)による寸法変化の少ない、 耐久性の高いニット素材です。 編立から加工まで特殊な製造技術を駆使することにより、工業洗濯対応でありながら、従来品と同等の吸水速乾性と風合いを実現しました。

 

◎インナー

①オーガニック原料活用素材

爽快コット®-O」:オーガニックコットンを混紡した綿100%素材です。東洋紡の特殊紡績技術により、夏に求められる吸水速乾性などの機能性と、爽快な清涼感とを両立させました。
デオドラン®-O」:オーガニックコットンを混紡した綿100%素材です。汗や尿などのアルカリ成分や酸性成分を中和するpHコントロール機能と、汗臭(アンモニア、酢酸、イソ吉草酸)などを軽減する消臭機能を持っています。

 

②その他素材・システム

TRYCOOL®」:強い直射日光から身体を守る快適素材です。東洋紡独自のY型断面マイクロポリエステルに、ファインセラミックスを高濃度かつ均一に配合し、高い赤外線反射率を有しています。
経編用サイジングビーム供給システム「SYPS® /サイプス®」:長短複合糸をはじめとするスペシャルヤーン(特化糸)を、経編用途に展開するシステムです。「サイプス®」を用いた機能性紡績糸は、インナー、シャツ、ユニフォームなど、幅広い分野で活用できます。

 

◎ユニフォーム

SDGsに対応したエコ原料を活用した各種機能素材を中心に提案します。

エコールクラブ®バイオ」:ペットボトル再生原料を使った繊維製品「エコールクラブ®」の新製品です。PET樹脂の粗原料である石油由来のモノエチレングリコール(MEG)の一部を、主にサトウキビの搾りかす(不可食部)を原料とした植物由来のMEGに置き換えました(植物由来成分含有率30%)。

 

【東洋紡ユニプロダクツ株式会社】

◎寝装

心地よい眠りを提供する快適寝装素材を提案します。

厳選素材「ICE DELUXE® /アイスデラックス®」:高強力ポリエチレン繊維「ツヌーガ®」とレーヨンを組み合わせた特殊複合紡績糸を使用した、接触冷感性と吸水性に優れた素材です。今回は、新たにpHコントロール・消臭繊維「デオドラン®-C」や高吸湿繊維「リフレス®」を組み合わせたバージョンも展示します。

 

【日本エクスラン工業株式会社】

アクリルおよびアクリレート系繊維による機能性素材を中心に提案します。

厳選素材「Defroster TM /デフロスター TM」:吸放湿スピード、キャパシティに優れたアクリレート系繊維です。目に見えない汗(水蒸気)や流れる汗の処理能力が高く、快適な着用感を実現しました。

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。