ニュースリリース

当社犬山工場における火災について(経緯のまとめ)

2020年11月19日

 2020年9月27日(日)21時頃、当社犬山工場にて発生した火災事故により、お亡くなりになったお二方のご冥福をお祈りし、ご遺族に対し衷心よりお悔やみ申し上げますとともに、深くお詫び申し上げます。また、負傷された方、近隣住民の皆様、関係者の皆様には多大なるご迷惑、ご心配をおかけしておりますことを心からお詫び申し上げます。
 現在までに判明しております内容は、下記のとおりです。

1.発生場所

 愛知県犬山市大字木津字前畑344
 東洋紡株式会社 犬山工場

2.発生日時・経緯

 9月27日(日)
 21:00頃 犬山工場内のフィルム製造ラインより出火

 9月28日(月)
 1:10 公設消防による鎮圧宣言
 7:45 公設消防による鎮火宣言

3.被害状況

 人的被害
 死亡2名(従業員)、負傷1名(従業員、職場復帰済)

 物的被害
 犬山工場 包装用フィルム製造棟の建屋および生産設備の一部が損傷

4.原因

 消防署・警察署の現場検証は終了しましたが、今後も関係省庁の調査に全面的に協力してまいります。

5.製品出荷への影響

 一部の製品を除き、9月30日より出荷を再開いたしました。

6.工場の操業状況

 火災により損傷した生産設備を除く、全ての生産設備の稼働を再開しております。
 引き続き、安全確保に万全を期してまいります。

7.業績に与える影響について

 当社業績に重大な影響が見込まれると判断される場合には、速やかにお知らせいたします。

8.再発防止策

 「安全」「防災」を当社グループの最優先課題として、これまでの保安防災活動に欠けていたこと、不足していたことなどを徹底的に究明し、二度とこのような事故を起こさない安全な会社にしていきます。

 (1)「事故調査委員会」を設置
 事故後速やかに「事故調査委員会」を設置し、事故原因の究明に全力を挙げて取り組んでいます。
 事故原因が判明次第、関係省庁のご指示のもと、適切な対策を講じていきます。

 (2)「安全・保安防災推進本部」を新設
 12月1日、社長直轄下に「安全・保安防災推進本部」を新設、傘下に「保安防災部」と「労働安全部」を設置しました。

 (3)安全・保安防災関連への投資
 設備の整備、人員の増強などを積極的に行っていきます。

 (4)従業員教育
 SOP・マニュアルを整備し、従業員への教育を行います。
 教育内容は水平展開し、全社的に災害防止対策に取り組んでいきます。

関連ニュースリリース

・11月19日付
当社犬山工場における火災について(第6報)

・10月1日10時00分付
当社犬山工場における火災について(第5報)

・9月28日9時00分付
当社犬山工場における火災について(第4報)

・9月28日3時00分付
当社犬山工場における火災について(お詫び)(第3報)

・9月28日2時00分付
当社犬山工場における火災について(お詫び)(第2報)

・9月28日0時30分付
当社犬山工場における火災について(お詫び)(第1報)

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
サステナビリティ推進部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。