ニュースリリース

全自動遺伝子解析装置「GENECUBE®」専用 新型コロナウイルス遺伝子検査試薬の製造販売承認申請について

2020年6月10日

当社は、全自動遺伝子解析装置「GENECUBE®」専用の新型コロナウイルス遺伝子(SARS-CoV-2)検査試薬について、2020年6月10日、厚生労働省に製造販売承認申請を行いましたのでお知らせいたします。

「GENECUBE®」は、独自の高速核酸増幅技術を用いることで、最短約30分で標的となる遺伝子を検出できるため、遺伝子検査の結果を当日の診療に反映することができます。感染症領域において、抗酸菌症、呼吸器感染症、血流感染症、性感染症を診断することが可能な体外診断用医薬品を幅広く展開。1台で多検体・多項目の遺伝子検査を実施することができ、全国の医療機関で広く採用されています。

当社は、「GENECUBE®」およびその検査試薬の普及により、医療現場における遺伝子検査の体制の充実を支援するとともに、新型コロナウイルス感染症の拡大防止や医療従事者の負担軽減に貢献してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

<「GENECUBE®」に関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社 診断システム事業部
お問い合わせフォームよりお問い合わせください
https://www.toyobo.co.jp/seihin/dsg/inquiry/
 

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
サステナビリティ推進部
広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。