ニュースリリース

「COCOMI®」を使用した牛用スマートテキスタイルを開発~畜産管理の効率化に貢献、「第2回 国際畜産資材EXPO」に出展~

 当社は、フィルム状導電素材「COCOMI®」を使用した牛用のベルト型スマートテキスタイルの試作品を、岐阜大学(岐阜県岐阜市)の協力を得て開発しました。乳牛や肉牛に装着することで心拍数などの生体情報を常時計測し、牛の体調のモニタリング環境の実現に貢献します。

 

牛用ベルト型スマートテキスタイル

牛用ベルト型スマートテキスタイル

生体情報計測イメージ

生体情報計測イメージ

 

 従来、畜産牛の体調管理には聴診器や体温計といった医療機器を用いることが一般的でしたが、生体情報を常時取得することが困難なほか、作業従事者や畜産動物に負担がかかることも課題でした。

 このたび開発したのは、牛の胴体に装着するベルト型のスマートテキスタイルです。薄く、伸縮性に優れた「COCOMI®」を電極部に使用することで、さまざまな体格の牛にフィットする形状を実現。心拍数や体表温度などの生体情報を高精度で常時計測できるため、異常心拍などの疾病の予兆をいち早く検知したり、ストレス状態にないかなど、牛の体調のモニタリングが可能となり、効率的な畜産動物の管理に貢献します。
※標準体型(500kg)の乳牛を対象に行った実証実験で、医療機器を用いた場合と同等の精度で計測できることを確認

 今後、実証実験を継続することで試作品を改良し、牛用スマートテキスタイルの早期の実用化を目指します。この試作品は、10月14日(水)から16日(金)までの3日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される日本最大の畜産資材専門展「第2回 国際畜産資材EXPO」の当社ブースにて展示いたします。

「第2回 国際畜産資材EXPO」への当社出展について

ブースレイアウト

1)会期:
10月14日(水)~16日(金) 10:00~18:00
(※最終日は17:00終了)

2)会場/ブース:
幕張メッセ(千葉市) ブースNo.9-53

3)主な出展:
・牛用ベルト型スマートテキスタイル ※初出展
・筋活動計測のゲーム型デモンストレーション

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
サステナビリティ推進部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。