ニュースリリース

当社PENフィルム「テオネックス®」使用の燃料電池セル用シール材を新開発 トヨタの新型燃料電池自動車「MIRAI」に採用

 東洋紡フイルムソリューション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:能美慶弘)は、このたび燃料電池自動車(以下「FCV」)に搭載する燃料電池セルの封止に用いるシール材を開発し、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男)が2020年12月9日に発売したFCVの新型「MIRAI」に採用されました。

 

トヨタ自動車の新型「MIRAI」

トヨタ自動車の新型「MIRAI」

新型「MIRAI」の燃料電池ユニット

新型「MIRAI」の燃料電池ユニット

 

 当社が世界シェアをほぼ独占するPEN(ポリエチレンナフタレート)フィルム「テオネックス®」は、高耐久・高耐熱性を特長とし、車載用途でも採用を伸ばしています。このたび、「テオネックス®」に独自の接着剤を塗工して、精密加工を施したシール材を開発しました。燃料電池セルを生産する際に、セルの構成部材を接合する用途に加えて、発電面の保護、絶縁、ガス導出入形状の維持など、さまざまな機能を提供します。

 「テオネックス®」を使用した本シール材は、過酷な環境下でも高い耐久性を実現し、燃料電池の長期信頼性の確保に貢献することなどが評価され、新型「MIRAI」に採用されました。また、新規に開発した接着剤などの効果により、部材の高速接合が可能となり、1セルあたりの生産時間が大幅に短縮されます。

 当社は、水素をエネルギー源とし、走行中には水しか排出しない究極のエコカーとして普及が期待される新型「MIRAI」に本シール材を提供することを通じて、健全で持続可能な社会づくりに貢献していきます。

※燃料電池セル: 燃料電池を構成する最小単位。セルを数百枚積層することで、FCVの発電装置である燃料電池スタックが作製される

 

PENフィルム「テオネックス®」について

 優れた機械強度特性、電気絶縁特性を有する高耐久・高耐熱フィルム。コストパフォーマンスに優れ、PETフィルム同様の使いやすさも兼ね備えており、新たな市場ニーズに応えることが期待されています。

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<製品に関するお問い合わせ先>
東洋紡フイルムソリューション株式会社
お問い合わせフォーム

 

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
サステナビリティ推進部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。