ニュースリリース

「JMTCケミカル&マテリアルズ投資事業有限責任組合」に参画~マテリアルテックスタートアップとのオープンイノベーションを加速~

 当社は、4月1日付で、新しい素材や材料の開発に取り組むスタートアップ企業(以下、「マテリアルテックスタートアップ」)を対象とする投資ファンド「JMTCケミカル&マテリアルズ投資事業有限責任組合」(以下、「本ファンド」)に、一次募集出資者として参画しました。

 本ファンドは、日本材料技研株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浦田興優、以下「日本材料技研」)が代表社員を務めるJMTCキャピタル合同会社を無限責任組合員として、4月1日に設立。革新的な技術を持った、シードステージ※1にあるマテリアルテックスタートアップの成長を支援するため、資金提供を行います。

 当社は、2018年に欧州基盤の化学系ベンチャーファンドに参画※2するなど、オープンイノベーションによる事業開発を推進しています。このたび、設立の企画段階より日本材料技研との連携を図り、一次募集出資者としての参画を決定。本ファンドを通じて入手した、当社の事業領域と親和性の高いマテリアルテックスタートアップの情報を活用し、協業機会の創出を目指します。

 「素材+サイエンスで人と地球に求められるソリューションを創造し続けるグループ」を“めざす姿”として掲げる当社は、今後も有望なスタートアップ企業への支援を通じて、社会課題の解決に貢献してまいります。

※1: 起業前、もしくは起業直後で、まだ本格的な事業を開始していない状態
※2: 2019年2月14日付 当社ニュースリリースの通り

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。