ニュースリリース

ニプロ株式会社と共同でCTAダイアライザの一貫生産工場を新設~生産体制を強化、世界的な需要増に対応~

 東洋紡株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:竹内郁夫、以下「当社」)はこのほど、ニプロ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:佐野嘉彦、以下「ニプロ」)と共同でニプロ大館工場(秋田県大館市)内に、CTA(セルローストリアセテート)製ダイアライザ(人工腎臓)の一貫生産工場を新設することを決定しました。世界で拡大が見込まれるダイアライザの需要増に対応するため、2024年7月の稼働開始を目指し、生産体制の強化を図ります。

 

CTAダイアライザ一貫生産工場

CTAダイアライザ一貫生産工場

当社の中空糸膜を利用したニプロのCTAダイアライザ

当社の中空糸膜を利用したニプロのCTAダイアライザ

 

 ダイアライザとは、腎臓の機能低下により慢性腎不全となった患者が、人工透析により血液をろ過し、老廃物などの毒素を取り除くために利用する医療機器です。当社は、1980年代初めより、CTAダイアライザ用の中空糸膜の製造を開始しました。

 現在、当社岩国事業所(山口県岩国市)で生産するCTA製の中空糸膜は物質除去能と生体適合性に優れており、血液中の老廃物を除去するのに役立ちます。長年培った高度な製膜技術により中空糸に微細孔を形成することで高いろ過性能を実現します。当社の中空糸膜を利用したCTAダイアライザは、これまでも世界中で利用されてきました。

 このたびニプロと共同で新設する工場では、前工程で当社が原料から製造した中空糸を、後工程でニプロが加工、製品化します。両社の生産工程がスムーズに連携する一貫生産体制を構築することにより、生産効率の飛躍的な向上が可能になります。

 世界の人工透析患者数は今後も年率7%で増加が予想され、ダイアライザの需要も増加が見込まれています。当社はニプロと緊密に連携し、世界中の患者の安心とQOL向上に貢献してまいります。

 

新工場の概要

所在地: 秋田県大館市二井田字羽貫谷地8番地7(ニプロ株式会社大館工場内)
延床面積: 約31,000 m2 (ニプロ:15,000m2、東洋紡:16,000 m2
構造(階数): 鉄骨造(3階建)
稼働: 2024年7月(予定)

 

【東洋紡】

生産品目:  人工腎臓用CTA(セルローストリアセテート)製中空糸膜
設備投資額:  約50億円(中空糸膜生産設備)
従業員数:  23名(予定)

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。