ニュースリリース

包装用フィルム製品の価格改定(追加)について

 当社は、包装用フィルム製品の一部について、2021年8月5日付で公表した価格改定に引き続き、新たに追加で価格改定を実施することといたしましたので、お知らせいたします。

1.背景

 昨今の原油およびナフサ価格の上昇が続いていることなどを背景に、包装用フィルム製品の原料価格が一段と高騰しています。加えて、燃料費や電力費、物流経費や設備維持費用などの諸経費が上昇し、製造コストを押し上げております。

 かかる状況下、当社では徹底したコスト削減に鋭意努力してまいりましたが、前回の価格改定公表以降も原料価格の高騰が続いていることなどから、現在の価格体系ではお客さまへの安定的な製品供給が困難と判断し、追加で価格改定を実施することといたしました。

2.価格改定の対象となる製品と改定幅(連:500m2

・二軸延伸ポリプロピレンフィルム(OPP) 250円/連(20μm換算)
・無延伸ポリプロピレンフィルム(CPP) 250円/連(20μm換算)
・リニアローデンシティ・ポリエチレンフィルム(LLDPE)    250円/連(20μm換算)

3.改定時期

 2021年11月21日出荷分より

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。