ニュースリリース

業界初※、クッション材として防ダニ加工認証を取得した新製品「ブレスエアー® ダブルプルーフ®」を開発

 当社はこのほど、三次元網状繊維構造体「ブレスエアー®」の新グレード「ブレスエアー® ダブルプルーフ®」(以下「本製品」)を開発しました。ダニの増殖を抑制する防ダニ性能と、従来品を上回る抗菌性能を併せ持つ本製品は、弾性クッション材として業界で初めて防ダニ加工素材認証を取得しました。マットレスなどの寝具用途や、ソファなどのインテリア用途向けを中心に、来年の春より本格販売を開始します。

※2021年12月23日現在、当社調べ

 

三次元網状繊維構造体「ブレスエアー®」

三次元網状繊維構造体「ブレスエアー®

 

 「ブレスエアー®」は、当社の熱可塑性ポリエステル系エラストマー「ペルプレン®」を繊維状にして立体的に接合した三次元網状繊維構造体です。軽量・高反発で、耐久性や通気性に優れることから、ウレタンフォームに替わるクッション材として、一般および業務用の寝具から鉄道車両の座席シートまで幅広い用途で採用され、1996年の発売から今年で25周年を迎えました。

 近年、清潔意識の高まりから、防ダニ性能を持つ寝具のニーズが拡大しています。現状では、寝具の側生地に高密度の織物を使ってダニの侵入を防ぐ方法が主流ですが、通気性の低さによる蒸れ感が課題となっていました。その解決に向け、当社は寝具の中材として新たに「ブレスエアー® ダブルプルーフ®」を開発。「ブレスエアー®」の特長である通気性と耐久性の高さはそのままに、ダニに作用して増殖を抑制する機能剤を原料に練り込むことで高い防ダニ性能を実現しました。本年9月21日には、弾性クッション材として初めて、インテリアファブリックス性能評価協議会より「防ダニ加工認定製品」に認証されました。

 さらに本製品は、抗菌剤の改良により、従来の「ブレスエアー®」よりも高い抗菌性能を獲得。一般社団法人繊維評価技術協議会より「SEK抗菌防臭加工マーク」と「SEK制菌加工マーク(一般用途・特定用途)」の認証を取得し、繊維上の細菌の増殖を抑制する効果が確認されています。

 当社は今後、家庭やホテルなどで使用されるマットレスやソファ向けに本製品の提案を進め、2022年春より量産を開始予定、年間500トンの売上を目指します。防ダニ性と通気性を両立し、抗菌性にも優れた本製品をはじめとする「ブレスエアー®」シリーズの製品を広く普及させることにより、皆さまの日常生活や睡眠の質の向上に貢献してまいります。

 

「防ダニ加工認定製品」について

logo

・認証団体: インテリアファブリックス性能評価協議会
・認定番号: K-21-0017
・効果の区分: 増殖抑制効果(素材認定)

「製品認証マークSEK」について

logo

・認証団体:  一般社団法人繊維評価技術協議会
(SEK抗菌防臭加工マーク)
・認証番号:  01B20
(SEK制菌加工マーク 一般用途)
・認証番号:  007M20
(SEK制菌加工マーク 特定用途)
・認証番号:  007SM20

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。