ニュースリリース

温室効果ガス排出量削減目標の引き上げについて

 当社グループは、このほど、事業活動における温室効果ガス(Greenhouse Gas、以下「GHG」)排出量(Scope1、Scope2※1)の2030年度までの削減目標について、従来「2013年度比30%以上削減」としていた目標値を、「2013年度比46%以上削減」に上方修正しました。

※1  Scope1: 直接排出量(燃料燃焼などの自社の排出量)
  Scope2: 購入した電気などのエネルギー生産に伴う間接排出量(電力事業者などの排出量)

 

 当社グループでは地球温暖化・気候変動を事業活動の継続に関わる大きなリスクの一つと認識し、2050年度までに当社グループによるGHG排出量をネットゼロ(実質ゼロ)とする「カーボンニュートラルの実現」を目標に掲げ、これまでも省エネ活動や生産効率の改善に取り組んできました。今後、燃料転換による脱石炭の実現、再生可能エネルギーの導入・調達、水素やアンモニアなどカーボンフリー燃料の導入検討、低炭素電力の調達といった施策を進めていきます。さらに、2050年度のカーボンニュートラルの実現に向けて、カーボンフリー燃料への転換、生産プロセスの電化、カーボンフリー電力の調達、CCUS※2や森林吸収によるカーボンオフセット※3の導入など、気候変動対策を強化・加速してまいります。

※2  Carbon dioxide Capture, Utilization and Storageの略、二酸化炭素回収・有効利用・貯留技術のこと
※3  GHGの排出量を、他の場所での排出削減や吸収量で相殺する考え方

 

 当社グループは、企業理念『順理則裕』のもと、今後も全社一丸となってカーボンニュートラルの実現に着実に取り組んでまいります。

 

東洋紡グループのGHG排出量削減目標

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。