ニュースリリース

大阪公立大学と東洋紡が包括連携協定を締結~大阪を起点とした地域社会の発展、社会課題の解決に向けた貢献を目指す~

大阪公立大学
東洋紡株式会社

 大阪公立大学(運営法人本部:大阪市阿倍野区、学長:辰巳砂昌弘)と東洋紡株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:竹内郁夫、以下「東洋紡」)は、2022年6月1日、「包括連携協定」を締結しました。両者がそれぞれ進める研究、技術移転、人材育成などにおける交流や連携を推進することにより、大阪を起点とした地域社会の発展に寄与すること、大学と企業の幅広い総合知を活用し、人と地球に求められるソリューションを創造し、社会課題の解決に貢献すること、その成果を世界に発信することを目指します。

 本協定による、両者の主な連携項目は以下の通りです。

大学と企業の総合知を利用した、人と地球に求められるソリューションの創造に関すること
産学官横断の人材育成および人材交流に関すること
その他両者が必要と認めること

 

 前身校を含み両者はこれまでも、様々な分野において共同研究などを実施してきました。今後、その取り組みをさらに拡大するとともに、以下の包括的かつ長期的な取り組みについて、新たに実施することを検討します。

東洋紡のライフサイエンス事業における、大阪公立大学の獣医学部・医学部との連携
東洋紡のマーケティング・新規事業企画・事業運営などにおける、大阪公立大学の社会科学系学部との連携
大阪公立大学が打ち出す「あらゆる学問の知見を活かす(文理を問わない)社会人総合知教育」との連携
東洋紡の社会貢献活動(ボランティア)における、大阪公立大学のあらゆる学部・学科の学生との共同企画やイベント運営などにおける連携

 

 なお、両者による協定期間は5年としていますが、期間終了後の継続についても検討していきます。

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。