ニュースリリース

エアバッグ用基布を活用した防護服と高強力ポリエチレン繊維「ツヌーガ®」を使用した接触冷感マスクを敦賀市へ寄贈

 当社敦賀事業所(福井県敦賀市)は、7月27日、日頃お世話になっている地域への感謝の意を込め、エアバッグの基布を活用した防護服50着と、高強力ポリエチレン繊維「ツヌーガ®」を使用した接触冷感マスク300枚を、敦賀市へ寄贈しました。敦賀市役所にて開催された贈呈式では、渕上隆信敦賀市長をはじめとする関係者が出席し、当社の吉川徹敦賀事業所長より防護服とマスクが手渡されました。今後も、新型コロナウイルスの感染拡大防止に日夜ご尽力されている皆さまを支援してまいります。

 

(左から)渕上隆信敦賀市長、吉川徹敦賀事業所長

(左から)渕上隆信敦賀市長、吉川徹敦賀事業所長

 

エアバッグ用基布を活用した防護服について

防護服

 新型コロナウイルスにより深刻化する医療資材の不足の解決に向け、豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:小山享)などと共同で開発。シリコーンコーティングにより空気を通さず、洗って繰り返し使うことも可能です。今回寄贈した防護服には、敦賀事業所で製造した原糸を使用しています。
※ 2020年5月29日付 当社ニュースリリースの通り

 

「ツヌーガ®」を使用した接触冷感マスクについて

マスク

 高強力ポリエチレン繊維「ツヌーガ®」の高い比熱や熱伝導率により、接触冷感が得られるマスクです。「ツヌーガ®」は、敦賀事業所で製造しています。

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
サステナビリティ推進部
広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。