ニュースリリース

液晶ディスプレー用フィルム「コスモシャインSRF®」生産体制を強化 犬山工場に製造設備を新設、量産を開始

 当社は、犬山工場(愛知県犬山市)に、液晶ディスプレー用の超複屈折ポリエステルフィルム「コスモシャインSRF®」専用の製造設備を新たに建設し、2020年7月より量産を開始しました。

 

犬山工場に新設した製造設備

犬山工場に新設した製造設備

 

 「コスモシャインSRF®」は、液晶ディスプレーなどの偏光子保護を主用途とするポリエステルフィルムです。優れた耐水性、耐久性により製造過程においてゆがみにくい点などが高く評価され、ディスプレーの大型化やベゼルレス化の進展を背景に採用が拡大してきました。
※ ディスプレーの外枠(ベゼル)の幅が狭くなる、あるいは無くなること

 かかる需要増に対応するため、2018年より、犬山工場に「コスモシャインSRF®」専用の製造設備の建設を進めてまいりましたが、このほど竣工し、7月より量産を開始しました。これにより、犬山工場と敦賀事業所を合わせ、生産能力を従来の1.5倍に増強し、生産体制の強化を実現しました。

 

「コスモシャインSRF®」について

「コスモシャインSRF」について

 耐水性、耐久性に優れた液晶偏光子保護フィルム(写真右)。これまで、ポリエステルフィルムは複屈折による色ムラが生じるため、偏光子保護に適さないとされてきましたが、複屈折を極端に大きくする「超複屈折」という発想により虹ムラを解消しました。

 

以上

本件に関するお問い合わせ先

<リリースに関するお問い合わせ先>
東洋紡株式会社
サステナビリティ推進部
広報グループ

TEL06-6348-4210
FAX06-6348-3443

MAILpr_g@toyobo.jp

※掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

注意事項

本ホームページに記載されている業績見通しならびに事業計画は、各資料発表時点において弊社の経営方針にのっとり入手可能な情報および弊社が合理的であると判断した一定の前提に基づいて作成したものです。したがって、顧客の設備投資の動向、為替相場の動向など、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている見通しとは、異なる結果となり得ることをご承知おきください。