地球温暖化に関する長期ビジョン

近年、地球温暖化に伴う気候変動の影響が、台風や集中豪雨といった自然災害の増加や亜熱帯化による自然生態系の変化といった形で顕在化しています。こうした中で、2015年12月には国連のCOP21(気候変動枠組条約第21回締約国会議)において、地球温暖化対策の国際枠組みである「パリ協定」が採択されました。また、世界中で、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別する「ESG投資」が拡大しています。

当社グループにおいても、地球温暖化・気候変動を事業活動の継続に関わる大きなリスクの一つと認識し、生産活動からの温室効果ガス排出量削減の取り組み目標達成に向けて着実に削減を進めています。今後は、生産だけでなく事業活動全体を視野に入れ、また、製品・ソリューションの提供を通じた貢献にも注力し、より長期的な観点のもとで温室効果ガスの削減に取り組みます。

事業活動からの温室効果ガス排出に関しては、工場において天然ガスへの燃料転換や生産効率向上などに取り組むことで排出量低減を推進するとともに、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入も進めていきます。

また、製品ソリューションを通じた取り組みとして、軽量化燃費向上によって自動車からのCO2排出量低減に貢献するエンジニアリングプラスチックの開発・拡販や、CO2を炭素資源と捉え、これを回収して多様な炭素化合物として再利用するカーボンリサイクルに貢献する製品・ソリューションの開発にも取り組みます。

これらの施策を通じて、温室効果ガスの排出量を2013年度比で2030年度に「30%」、2050年度に「80%」削減することを目指します。

温室効果ガス排出量目標

温室効果ガス排出量目標

主な施策

主な施策

主な施策